【ロンドン観光】ホテルについて

ロンドンの宿に選んだのは、パディントン駅近くのパーク グランド パディントン コート
周辺に、たくさんのホテルがあるので口コミ、部屋の写真、備品を細かくチェックして決めた。

土砂降りの中、大きなスーツケースを持って歩くと、500m足らずの距離が長く感じる・・

フロントで荷物を預かってもらうつもりだったが、チェックイン時間前なのに何も聞かずに手続きをして部屋の鍵をくれた。

ロンドンのホテルは、部屋の掃除が終わっている場合、時間に関係なく案内してくれることが多い。

 

部屋は、グラウンドフロア(日本の1F)だ。
迷路のような狭い廊下を上がったり下りたりするので、足の不自由なゲストには勧められない。

ドアを開けて、部屋の狭さに驚いた!
とは言え、床にスーツケースを広げられない東横インよりは広い。

最近の旅は、いつもダブルルームを利用するので、狭く感じるのかもしれない・・

久しぶりのシングルサイズベッド。
高さがあるので、よじ登る感じ・・
横の棚の高さと、比べると分かりやすいだろう!

テーブルの上の方にはコンセントがたくさんあるので、一度にいろいろな電子機器の充電ができて便利だった♪

バスルームには、密閉できるガラス仕切りのあるシャワーブース、近代的デザインの洗面台とトイレがある。
洗面台の下にはボックスがあり、バスアメニティが揃っていた☆

クロゼットの半分は、ガラス棚でティーセットが置いてあり、ビスケットも添えてあった♪
英国のミルクは、日本のコーヒーフレッシュの2倍くらいの大きさで、サラッとしている。

ドアとクロゼットの間に壁掛け式のテレビがあり、折り畳みのスーツケース置きがあるのは便利!

夜、23時頃ホテルへ戻ったが、周辺は夜遅くまで人通りが絶えず、小さな個人商店が開いているので治安は良い。
朝食付きじゃない場合は、これらの商店で買い物をしておけばいいと思う♪

廊下を歩いていると、部屋からの声が筒抜けなのが分かる。
部屋に入っても、周りの音がいろいろ聞こえて来るので落ち着かない。

ふと見ると、ドアの下が3cmくらい開いている!
音だけじゃなく廊下の光も入ってくるので、バスマットを詰めて寝た。

朝食は、地下の食堂だ。
ロンドンのホテルでは良くあるタイプだ。
私は、明るい食堂が好き♡

朝食は、受付で部屋番号を伝え、好きなものを選んで食べる。
席を決めると、スタッフがやって来て、飲み物を訊く。

料理を取ってくる間に、頼んだ紅茶やミルクが運ばれていた。
留学中に利用したホテルでポット入りじゃない紅茶は、ここだけだった!

初日は、欲張ってアレコレ取ってみたけど、朝食を食べ過ぎると日中の食事を楽しめないので、翌日は少なめにした。

朝食内容は、ロンドンのホテルとしては、グレードが高い☆
音に対して神経質じゃない人なら、コスパの良いホテルだろう♪

防音設備のある部屋があれば、かなりおススメできるホテルだ!

ホテル情報
パーク グランド パディントン コート
27 Devonshire Terrace, Bayswater, London W2 3DP