コモンピープル・オフィス街の小さなカフェ

前回の旅で知り合ったユニムさんという日本語クラスの生徒がお茶に誘ってくれた。
私を誘ってくれるのは、いつも詞子が生徒の面倒をよく見ているからに違いない。

彼女は仕事で日本へ来ることが多いので、日本語を勉強をしているそうだ。
たしかに通訳を使うより、微妙な言い回しを自分で説明する方がやりやすいだろう☆

それにしても韓国人は、外国語習得能力の高い人が多い!
小さい頃から努力し続けているから、忍耐力がある。

韓国の受験戦争は、日本の比ではない!
およそ30歳以上の人たちは、12時頃まで高校で勉強するのが当たり前だったと聞いて、ビックリした。

10時から日本語クラスを受けた後、ユニムさんは英語クラスを受け、また戻って来た。
午前中の授業を終えた詞子といっしょに出かける♪

南浦洞を歩きながら、カフェのことを話してくれた。
とても良い店主で、いつも親切にもてなしてくれるらしい♡

チュンアンテロ(中央大通り)と平行に走るヘグァンロという通りを歩く。
テチョンロに出る少し手前の左側に店がある。

南浦洞には何度も来ているが、この通りを通ることがなかったので、ワクワクする!
ユニムさんによると、この辺りはオフィス街らしい。

食事を終えたビジネスマンやビジネスウーマンたちがカフェのお得意さんだという。

歩きながら話を聞いたとおり、間口の狭い店だが、入ると奥行がある。
窓側のテーブル席が空いていた♪

ユニムさんは店主らしい、まだ若い女性と話をしている。
レモンと何か別の名前を言って、「どっちがいい?」と訊かれたので、もう1つのものは何なのか尋ねた。
グレープフルーツだと分かったので、レモンにする!

3人ともホットレモン♡
しばらくしゃべっていたら、注文の品ができたようで、ユニムさんが受け取りに行ってくれた。

トレイに色違いの可愛いマグカップと小さなお菓子が1つ乗っている☆
これは、おまけなのか?と思っていたら、彼女が立ち上がった。
そして、同じお菓子を1つ手に持って戻って来る。

このカフェでは飲み物を頼むと、オマケにケーキを付けてくれるそうだ!
追加分は、買ったのか?

「美味しいから分けて食べましょう!」と2つのケーキをカット。
昨日のユンさんと同じように、ユニムさんも食事を分け合う韓国人気質を持っているようだ☆

韓国の洋菓子は、まだ発展途中で生地がパサついたものが多いので、あまり期待せずに食べた。
すると、しっとりした生地でほんのり甘くて美味しい!!

本当は、2つくらい食べたかった♪
というか、おやつに買ってホテルで食べたいと本気で思った。

でも、誘われて来た店で、「もっと食べたい!」なんて言えば、彼女の負担になることが分かっている。

また来ればいいと思って黙っていた・・
詞子も、美味しいケーキが気に入って、娘のJUNを連れて来たいと言う♪

ホットレモンは、厚切りレモンが浮いていて、底には甘く煮たレモンが沈んでいる♡
この発想は、柚子茶からヒントを得たのかもしれない・・

たっぷりレモンが入っているので、ビタミン補給ができそう♪
店主は毎朝早起きして新鮮な果物を手に入れるから、美味しいものを提供できるという。

食べ物の話から、釜山で好きな食べ物を訊かれ、「テジスユクがいちばん好き!」と答えた。
すると、「それなら、ぜひ食べさせたいテジスユクがあるから、これから行きましょう!」とユニムさんが言う。

窓際のオレンジ色の電話とロウソクがいい感じ♡

店舗情報
名前 커먼피플(コモンピープル)
住所 부산광역시 중구 중앙동2가 50-2

커먼피플へのルート