猫空ロープウェイ

初めての台北旅2日目、ホテルがあるMRT大安駅そばの永和豆漿大王で台湾式朝食を食べた後、科技大樓駅で交通カード悠遊卡(ヨウヨウカー)を買って、文湖線の終点・動物園駅へ。

MRT動物園駅で降りて、徒歩で猫空ロープウェイの駅へ向かう♪
今日はさわやかというより、日差しが強くて日傘がほしいほど暑い。
こんなに気温差があるとは思っていなかったので、ビックリ!

でも、青空が広がっているからすごくうれしい♪
きっと、きれいな写真が撮れる☆

猫空ロープウェイ駅へ向かう途中、日陰に布を広げて帽子を売る女性がいた。
残念ながら、私好みの帽子はなさそう・・

仕方がないので、用心のために持ってきた雨傘を使うことにした。
ピンク色だから日傘に見える?

前方に見える建物がロープウェイの駅。
すぐそこなんだけど、暑さのせいで疲れる!

日ごろの行いが良いせいか、チケット売場には、10人ちょっとしか並んでいない♪
チケットは、ペラペラのカードだ。

何故かいろいろな柄がある。
どこかで余ったカードを利用しているんだろうか?
ゴンドラは通常タイプのものと、床がシースルーの水晶ゴンドラがある。
並ぶ列も別々で通常タイプは、どんどん乗り込んでいくが、水晶タイプはなかなか順番が回ってこない。

ロングヘアの女性スタッフが、人数を確認しながら上手に客を誘導している☆
ゴンドラの動きはゆっくりだけど、完全に止まることはないので、安全な誘導は大切!

床が透明な水晶ゴンドラは通常タイプより定員が少ない。
台湾人グループ3人と一緒に乗った。

乗るやいなや、若い男性がドンドン!と跳ねたので、みんなビックリ!
母親らしい女性が「なんてことを!やめなさい!」と怒る。

透明な床の強度をチェックしたんだろう!
体格の良い息子が、へへへ♪と笑いかけるので、苦笑いで応じる。

ロープウェイは、あっという間に木々が生い茂る林を抜けて上がっていく。
駅の右側から斜めに横切るブルーの高架が、MRT文湖線。
写真右奥に小さく見える塔が、台北101

これまで乗ったロープウェイは、ひたすら上るか下りるかというタイプだったが、猫空は違う!
上がったり下りたりを繰り返しながら動くのだ。

最初は余裕だった男性2人が下りになると「うわぁ~!」と怖がるのがおもしろい♪
下りになる度に若い男性が胸に手を当てて怖がるので、途中で席を替わった。

外の風景を写真に撮っていたら、「撮ってあげましょう♪」と私を写してくれた。
韓国で遺影撮影をするようになって、カメラに笑顔を向けられるようになった♡

彼は英語が上手でとてもフレンドリーだったので、いろいろ話をした。
チャイナエアラインのパイロットだと言う。

「パイロットなのに、高いところが怖いのは、ヘンでしょう?」とツッコむと「いや・・操縦かんを握っていれば怖くないんだけどね」と切り返すユーモアたっぷりの好男子だ。(笑)

福岡から来たと話すと、「日本への便へ乗務することはあるけど、残念ながら福岡便は飛んだことがないよ」と言う。

今日は仕事が休みだから、外国に住む叔父さんと3人で猫空へお茶を飲みに来たそうだ。
母親も「日本はステキよね!私も大好き」と、ニコニコ話してくれる。
台北で初めて話したのがステキな家族だったので、とても楽しかった☆

30分の乗車時間も、おしゃべりを楽しんでいるとアッという間に猫空へ到着!
「チャンスがあれば、飛行機でお会いしましょう!」と言って別れた。

観光情報
名前 猫纜動物園站
住所 台北市文山區

猫纜動物園站へのルート