猫空(マオコン)散歩とお茶を楽しむ♪

台北旅2日目、朝食は台湾風朝ごはんを永和豆漿大王で食べ、MRT文湖線で終点の動物園駅へ移動。
30分も空中散歩を楽しめるロープウェイで猫空へ。

そもそも、猫空という名前が愛らしい♡
私は基本的に犬派だけど、動物は大好きなので猫空も興味津々♪

山の上にある猫空ロープウェイの駅を出ると、両側に道が伸びている。

さて、どっちへ行くべきか?
こういう時、たいてい左へ向かってしまう。

道沿いに観光客めあての露店が並んでいる。
台湾のファストフードがいろいろあるようだ。

食べたいと思っている葱餅も売っている♪
とりあえず店を見ながら歩いて行って、どこかで折り返すつもり。

猫空を警ら中のわんこ♪
首輪をしていないけど、野良犬なのか?
カメラを向けたらジロッとこっちを見て、悠々と歩いて行った。

山中茶という名前の伝統的なお茶屋。

手前のピンク色の花は桜?
日本は、まだ梅の季節だけど、台湾では桜が咲いている!

猫空の茶畑ときれいなピンク色の花♡
写真の右奥に見えるのがロープウェイの猫空駅。
左手からグルっと歩いて、ここまでやって来た!

標高が高いので台北市内より涼しいが、日なたは暑い。
そろそろ、どこかでお茶を飲みたいなぁ♪

台北101や市内を一望できる良い場所にあるオープンカフェ。
でも、ここは伝統茶じゃなさそう・・

右奥に1組だけ客がいた。
ガラス製ポットに入ったルビー色のお茶を注いでいる。
明るい光を透すから、とてもキレイな色☆

お茶屋の先は、また道が大きくカーブしていて木々が生い茂っている。
これ以上歩いて疲れると、午後の行動に差し支えるので、ここでお茶を飲むことにした。

1階に数人の客がいたが、上の方が景色がいいかも!と思い、階段の途中に立って客引きしていた女性について上がる。

2階には誰もいなかった!
選び放題だから、外側でいちばん端っこの角のテーブルにする。
途中にあったオープンカフェも良い場所だったけど、ここのロケーションもすばらしい!!

お茶屋から見える絶景☆
右奥に台北101、そして左奥にロープウェイ駅が見える!
少しかすんでいるが、台北市内を見渡せる。

さわやかな風が通り、とても気持ちが良い♡
家族や友人とお茶を飲みながら、ゆっくり過ごすのが台湾流なんだろうなぁ♪

お茶一式
台湾の伝統茶を楽しむ時は、独特なルールを知っていた方が良いと思う。
最初にメニューを見て、お茶の種類を選ぶ。

初めて体験する日本人は、値段を見てビックリすると思う。
お茶は、1人前の値段ではない。

箱単位の値段なのだ!
料金は、茶葉代プラス人数分のお湯代と考えればいいと思う。

スタッフは、いちばん高い緑茶をすすめるが、キッパリ断って木柵鉄観音茶を注文。
最初は、スタッフが入れ方を見せてくれる。

やかんに入れた水が沸騰すると、お湯を急須や器に入れ温めておく。
ピンク色の紙箱から密封されたお茶を取り出して、ティースプーンで2杯急須に入れる。
再び沸騰した湯を急須に注ぐが、このお湯はすぐにステンレス製のトレイへ捨ててしまう。

お湯を入れた後は、一定の時間をおいて湯飲みに入れ、残りをサッと別の器に移す。
経験値なのか、心の中で時間を計っているのか、分からない・・

ここまでの一連の動きは、熟練された美しさだ☆
茶道に通じるものがある!

私は風流じゃないので「小さな湯飲みいっぱいいっぱいのお茶は飲みにくい!大きな器に入れてくれればいいのに・・」と思うけどね。(苦笑)
「さあ、どうぞ!」と言うと、スタッフはサッと行ってしまう。

この時に入れてくれたお茶はホントに香りが良く、味も良かった☆
追加して自分で入れたお茶は、抽出時間を短くしても渋みが出てしまう・・

涼しい風に吹かれてお茶を飲んでいると、動くのがイヤになる。
猫空は、ゆったり過ごすのに良い場所だ!
ここは1人より、誰か大切な人といっしょに過ごすのがいい♡

観光情報
名前 猫纜動物園站
住所 台北市文山區

猫纜動物園站へのルート