啓翁(けいおう)桜☆

コロナウイルス騒ぎで世の中が閉塞感に覆われたような春の1日、音楽好きが集まって合奏の練習をした。
場所を提供してくれたのは、友だちのす~さん♪

大邸宅なので、合奏練習しても近所迷惑にならない!
昼は、ポカポカ日が当たる広い縁側や庭の大きな岩の上へ思い思いに座って食事。

先週は、イノシシ鍋をごちそうになったが、臭みのない肉は柔らかくてとても美味しかった☆
原則として手弁当で集まるが、す~さんはいつもサラダや手作りの漬物を出してくれる。

日頃は、漬物を食べない私だけど、す~さん家の甘酢大根はやめられない美味しさだ!!

無農薬野菜を作っている農家なので、先月はみんなでハウスに入ってブロッコリーや春菊、ケールなどを収穫させてもらった♪

先日は、たまたま急用で戻ってきた友だちのツレアイさんが「お母さんにお供えして!」と言って、啓翁桜の枝をくれたので、ビックリ!

母が亡くなった3年前の春を思い出す・・
ドライブの帰りに土産を持って行った時、ちょうど啓翁桜が満開だった☆

私は、この時初めて『啓翁桜』という名前を知った。
一般的なソメイヨシノより小さくて可憐なピンク色の啓翁桜が、ひとめで気に入った♡

一足早い花見ができて大喜びの母に、ツレアイさんは「伸びすぎた枝を切らないといけないから」と、一抱えもある枝をバッサリ切ってくれた。

我が家には置く場所がないので、腰椎圧迫骨折の後、母が通っていた運動だけのデイケア施設にプレゼント♪

一般的なソメイヨシノよりかなり早い時期に咲く上、小さくて可憐なピンク色の啓翁桜は、通所者の皆さんに喜ばれた。

昨年の春はウェールズ留学中で、桜の花を見ていなかったから余計、ツレアイさんの気配りが心に染みる☆
帰宅してすぐに母の遺影の横に花を生けた。

私と違って花が大好きだった母だから、きっと喜んでいるだろう!
と思っていたら、その夜、久しぶりに夢に出て来た。
やっぱり喜んでいるんだと思う♡

春の訪れは、寒さが厳しいところほど喜びが大きい!
昨年の春を過ごしたウェールズの首都カーディフを思い出す♡