MRT 台北メトロについて

台北では、地下鉄と言わずメトロと呼ぶ。
台北市内を観光するなら、メトロを利用するのがいちばん簡単。
しかも、安くて確実!

切符は、トークンと呼ばれるコイン型のものやワンデーカード、チャージ式のカードなど各種ある。
6系統ある路線が市内を縦横に走り、運行数も多いので観光に便利だ。

悠遊卡(ヨウヨウカー)

外国人向けに『EasyCard』という呼び名もあるが、一般の人にはほとんど理解してもらえない。
ヨウヨウカーと覚えた方が確実に通じる!

悠遊卡はコンビニなどでも買えるとネットで見たが、初日の夜行ったコンビニの若い男性スタッフは「ない!」と言った。

駅にもカードを買える機械は、ない。
つまり、案内所にスタッフがいる時間しか購入できない!

幸い、最初に利用した駅の男性スタッフは英語で対応してくれたので、スムーズに買うことができた。

カードを購入した時の100元は戻らないことをちゃんと説明し、いくらチャージしますか?と訊く。

500元札を出して、400元チャージしてもらう。
台湾は交通費が安いので、400元あれば3日間使えるだろう♪

片道20元くらいだから、約20回使えるハズ!
しかも、現金より20%OFFになり、バスや猫空(マオコン)のロープウェイも利用できる。

駅で購入した悠遊卡
どうせなら、もう少し可愛いのがほしかった・・
表紙は、最終日に台北101で購入したキティちゃんの悠遊卡♡
月台

プラットホームは、月台
風流な名前だ☆

この駅は全面がガラス張りの扉で線路と遮断してあるから、小さな子ども連れでも安心して利用できる♪

リュックを背負った可愛い男の子☆
今日は天気がいいから、お母さんと一緒に動物園へ行くのかな?

これから行くのは、文湖線の終点である動物園駅。
案内掲示板や電車の先頭にある行先の名前を良く確認しよう!

ホームでの行列方法

混雑する駅では、ホームに並ぶ行列の向きが描いてある。
2列に並ぶようだけど、最後の黄色部分に書いてある『排隊終止線』って、ここまでしか並んじゃいけないという意味?
あふれた人は、どこに並べばいいんだろう?

MRTの車内

平日の昼前だから、車内は空いている。
乗っているのは、観光客かヒマ人がほとんどだ。(笑)

座席数が少ないのはラッシュ時、相当な人が乗り込むからだろう!
何といっても台北は、台湾の首都だ。

MRT利用で注意すること
車内はもちろん、駅構内で一切の飲食をしてはいけない!
見つかると、罰金を取られる。
うっかりタピオカドリンクを持ったまま、MRTに乗らないように。

動物園駅の改札口
悠遊卡は、改札機械上部にある読み取り画面にピッ!っとあてるだけで良い。
一瞬だけど、使った金額や残金も見える。

最近、旅行で交通機関を使う時、どの出入口を使うのかを事前にチェックしておくようになった。

大きな駅だと出入口を間違っただけで、歩く距離が大幅に変わる。
海外旅行では、時間のムダは極力避けたい!

路線図は、台北メトロHPを見てね♪