務安名物♡藁焼き豚肉

初めての全羅南道の旅3日目。
KTXで木浦(モッポ)へ行き、午前中、市の解説士であるMASAKOさんに市内を案内してもらった。
午後は、MASAKOさんの車で務安へ移動!

◆木浦での訪問先◆
木浦共生園
韓国映画『1987』のロケ地
儒達山(ユダルサン)から木浦市を眺める
旧日本領事館
旧東洋拓殖銀行(木浦近代歴史館2号館)
リノベーションカフェ『幸せいっぱいの店』
トクチョン食堂
奇岩カッパウィ

◆務安での訪問先◆
務安黄土干潟ランド前編
務安黄土干潟ランド後編
ミリタリーテーマパーク

夕食は、私がリクエストした藁焼き豚肉を食べられる店へ。
周辺は、田んぼや畑が広がるのどかな風景☆

めあての店へ行ったが、閉店してしまったらしい。
それじゃ、もう1つの店へ・・とやって来たのがココ!

『50年の伝統を誇る元祖藁焼き豚肉』の店。
といっても、車が数台停まっているだけのふつうの家に見える・・

日本語でしゃべりながら近づく私たちを、ジッと見るおじさんがいた。
食事をする場所は、駐車場から少し横へ入ったところにある。

無料おかずが並んだところ
この店も靴を脱ぐタイプだった。

韓国の地方都市では、まだこういう店が多いのかもしれない。
料理を注文すると、自動的に無料おかずが運ばれる。

これらのおかずは足りなければ、お替りしてくれる。
量を気にせず気に入ったものを食べて構わない。

と分かっていても、他の人がいるとどうしても自分ばかり食べるのは心苦しい、と思うのが日本人!

今回の旅で私がとても美味しいと思ったのはプチトマト☆
ホテルでも毎朝食べたが、どこで食べても甘くて濃い味だ!

右端にあるグリーンは、サンチュとエゴマの葉。
初めて韓国へ行った時、エゴマの存在を知らなかった私は、てっきりシソの葉だと思って食べた!
今でも苦手な葉っぱだ・・

いちばん下、左から2番目は、務安名産のタマネギを使ったキムチ☆
タマネギのキムチは初めて食べた!
甘みがあって、シャキシャキしている!!

MARIKOさんとMICHIKOさんは2人とも家族がいるのに、今日は私に付き合って夕食を一緒にしてくれた。

本当にありがたい♡
何といっても、食事は大勢で食べる方が美味しい!!

しゃべりながらおかずを食べていたら、若い女性スタッフが網に乗せた豚肉を持って来た!
2人は韓国風の食べ方に慣れているので、さっそく葉っぱに味噌や肉を包んで食べている。

私は肉だけの味を知りたいので、そのまま食べてみた。
藁の香りなのか何とも言えない香ばしい匂いがする!
網で焼いているので、脂も落ちてサッパリしているから食べやすい♪

この店は、独特の薬味を用意している!
小さなカニを殻ごとすり潰したもので、生臭さはなく、豚肉に付けて食べると、更に美味しくなる☆
カニと豚肉を合わせるなんて誰が考えたのか分からないけど、すばらしい発想だ!!

網ひとつ分が1人前。
立て続けに2網持って来たが、食べるペースが遅いのを見たスタッフは、「もう1つは、少し時間をおいて持って来ますね!」と言ってくれた。

韓国の若い女の子は、やってもらうのが当たり前!というタイプが多いので、こんなに気が利く子はめずらしい♡

私たちは、左奥の小部屋で食事をした。
入った時は、ほぼ満席だったが食べ終わった時は、みんな帰ってしまっていた・・
韓国人は、食べるのが早いのかな?

会計を済ませた後は、備え付けのコーヒーをセルフで入れて飲むのが韓国流♪
これまでは機械ばかりだったが、この辺りではスティックタイプのコーヒーも多いらしい。
私は初めて見たので、ちょっとビックリ・・

MARIKOさんとMICHIKOさんが2人で世話をしてくれる☆
甘いコーヒーを飲みながら店を出ると、来た時にいたおじさんがジッと私を見て、何か言う。

よく分からないけど、こっちへ来て!という感じなのでついて行く。
おじさんは、駐車場傍の小屋へ入って行った!

ここが藁焼きの作業場だった。
どうやって豚肉を焼くのか、実演して見せようとしたのだ!

小屋の隅に置いてある藁を火にくべ、炎が上がると網に挟んだ豚肉をかざす。
すると脂が溶けて炎が高く上がる!

おじさんは燃え盛る炎と闘いながら、豚肉を焼いてくれていたのだった。
どうりで美味しいはずだ☆

務安の農家の人が大切に育てた豚をおじさんが炎と闘って焼く!
その豚肉を私は、ただ座って美味しく食べたんだ・・
おじさんの親切が、とてもありがたくうれしかった☆

店舗情報
名前 원조 짚불구이 두암식당
住所 전라남도 무안군 몽탄면 우명길 52

원조 짚불구이 두암식당へのルート