鳴門の渦潮と瀬戸大橋

四国を回って、関西を楽しむ2週間の旅♪
道後温泉、高知市、徳島市に宿泊し、四国最後の目的地・鳴門の大塚国際美術館へ。

【関連記事】
大塚国際美術館 鳴門
大塚国際美術館 カフェ・ド・ジヴェルニー

ここで、大阪行きを断念せざるを得ない状況になった。
【関連記事】
青天の霹靂

よ~し、旅の表題を変更!
四国を回って、山陽道を戻る5日間の旅♪

ショックと数日間の長距離ドライブで疲れがたまっているから、九州まで戻るのはムリ。
大塚国際美術館で急きょ、今夜の宿泊施設を検索する。

倉敷で泊まることにした。
だけど、鳴門の渦潮も見たい♡

美術館の駐車場を出て、渦潮公園へ向かう。
山ノ上にある駐車場は、1回500円。
時間制にしてほしかった!

さらに、展望台へのエスカレーターは、往復400円。
有料エスカレーターって、初めて!

合計900円も払ったけど、展望台での滞在時間は10分くらいだ。
これから倉敷まで運転しなければいけないと思うと、のんびりしていられない・・

大鳴門橋の下に渦ができているのを確認できたから、満足♪
鳴門の渦潮といえば、船で見るのが一般的だけど、船に乗れない私は、始めから対象外!

渡る予定だった大鳴門橋を眺めていると、ため息が出そうになる。

さっきまでいた大塚国際美術館が大鳴門橋の反対側に見える。
写真中央部の高速道路に近い円形の部分が、モネの睡蓮の絵があった庭。

今、考えると、鳴門のワカメを買えば良かったと思う。
美術館で食べた鯛めしのワカメが、すごく美味しかったのに・・
あの時は、平常心でいられなかったんだろう。

鳴門を出発する時、ルート検索したら、倉敷到着予定は、16時。
ナビとスマホの二刀流で出発したが、引田というインターで降りるように案内される。

そして、狭い一般道路をグルッと走って、再び引田インターへ。
ふざけているのか、Google!(怒)
そこからは、ナビとスマホに頼らず、自分で案内板をチェックしながら走ることにした。

津田の松原サービスエリアに入って、休憩。
鯛めしをろくに食べていないので、お腹が空いてきた♪

ここは、香川県さぬき市。
さぬきといえば、うどん♪
麺食いの私が、素通りできるハズがない!

鶏だしうどんがオススメと書いてある。
オススメのではなく、を選ぶ。
鶏だしが濃いけど、鶏肉が美味しかった。

うどんは、特に美味しいとは思わなかったけど・・
これで、もし夕食抜きになっても大丈夫か?

瀬戸大橋を渡る頃、夕日が輝き始めた。
1年でいちばん日が短い時だから仕方がない。

瀬戸大橋の写真を撮りたいから、途中の島にあるパーキングへ。

与島パーキングエリア
瀬戸中央自動車道海峡部のほぼ中央にあり、絶好のビューポイント。
レストランやトイレがある建物には行かず、南側の広場へ行ってみた♪

走っていると写せない、美しい橋の姿を見ることができる☆
朝夕は冷え込むので、長居はできないけど・・
瀬戸内海の夕日も写せて良かった♡

鳴門から倉敷へのルート