元山麺屋

最初に言うのも何だけど、私は韓国冷麺があまり好きじゃない。
あのゴムみたいな麺が苦手だ・・

でも釜山のミルミョンや元山麺屋の冷麺は大好き!

ミルミョンが好きな理由は簡単♪
韓国冷麺とは違って、小麦粉で作った麺だからだ。

釜山の冷麺が小麦粉で作られたミルミョンになったのは朝鮮戦争後、冷麺の材料が手に入らず小麦粉で作るようになったからだそうだ。

しかし元山麺屋の冷麺だけ何故、好きなのか自分でもよく分からない・・
見た目は韓国冷麺と同じように黒っぽい麺だ。
でも歯ごたえは、ゴムみたいじゃない。

そして何より他の店と違うのは、最初に運ばれる小さなヤカンに入ったスープだろう!
夏でも温かいスープで、飲むと冷麺で冷えた身体をいたわってくれる☆

釜山在住の友だち・詞子によると、このスープにはたくさんの韓方薬が使われているらしい。
でも薬臭さはなく、胡椒が効いたアッサリ味の美味しいスープなのだ!

21時に仕事を終えた詞子と一緒に、光復路を歩いて店に入った時は、すでに数人の客しかいなかった。
閉店が21時30分なので、私たちが最後の客になってしまう!

冷麺は、そのままでも美味しいけど、小量の酢とマスタードを入れると、もっと美味しくなる。
食べながら時々、温かいスープを飲むとホッとする♡

以前は全部食べるのが大変だったのに、英国生活で胃袋がデカくなったのか、ペロリと平らげてしまった!

元山麺屋には、母との思い出もある。
初めて来た時、母は朝食に食べたホットトースト(韓国ではトストゥと呼ぶ)でお腹が減っていないと言うのを、冷麺を食べたい私が無理やり連れて入ったのだ。

キレイに盛り付けてある冷麺を写真に撮ろうとしたが、一瞬早くスタッフがハサミでざっくり麺をカットしてしまった!!
ああ~っ!と言っても、もう遅い・・

キレイな写真は撮れなかったけど、想像以上に美味しかったので私は、ほとんど食べてしまった☆

母は「温かくて美味しいねぇ♪」と言って、スープをお替わりをしていた。
きっと今回の旅でも、父と一緒に空から釜山を楽しんでくれたと思う♡

店舗情報
元山麺屋(원산면옥)
住所 부산광역시 중구 창선동1가 37-1
電話  051-245-2310
営業 11時00分~21時30分