釜山オデン(オムク)大好きな韓国料理

韓国では、練り物全般を指して『オデン』と呼ぶ。
元は、日本のオデンだろうけど・・

最近は、オムク(かまぼこ)という呼び名を使うようだ。
パン屋のようにたくさんの種類のオムクを店頭に並べる店が増えている!

私は韓国を旅するようになっても、オデンには手を出さなかった。
30cmくらいの棒にクネクネと刺した物体は、美味しそうに思えなかった・・

しかし、ある時ネットで釜山のオデンは韓国でいちばん美味しいと知った!
魚のすり身の含有率が、よその地域の製品より多いらしい。

かまぼこで有名な下関と釜山は、昔から関釜フェリーでつながっている!
これが、釜山でも美味しい練り物が作られる理由のひとつだと思う。

下関のかまぼこは、プリプリして美味しい☆
たまに海峡を越えて遊びに行った時は、帰りに必ずできたてを買って帰る♪

さて、釜山で初めてオムクを食べたのは、タクシーで空港へ送ってもらう途中、影島(ヨンド)へ寄った時だ。
この旅では母が体調を崩し、ほとんど外出できなかった。

せめて最後に釜山の風景を楽しんでもらいたくて、3時間のチャーターを手配した。
「影島には今、釜山で人気のオムクコロッケを食べられる店がありますよ!」と、タクシー運転手が言う。

オムクコロッケって、どんな食べ物だろう?と母娘とも興味津々!
影島大橋を渡ったところにあるサムジンオムクという老舗が、オシャレな店を作っていた。

予約すれば、オムク作り体験もできるらしい。
楽しそう♪

練り物好きの母と2人で店へ入る。
あるわ!あるわ!とてもじゃないけど、食べきれないほどの種類のオムクがキレイに並べられている♡

あれもこれも食べてみたい!
でも、とりあえずオムクコロッケという名物を3つ買った。

運転手さんは、コロッケを持って隣の建物へ向かう!
そこにはテーブルとイスがあり、買ったオムクを温めて食べられるように、電子レンジも用意してある。

オムクは、大きな海老が入っていて、ふわふわプリプリの不思議な食感☆
あっという間に1個ペロリと食べてしまった!

それ以来、釜山オムクのファンになった♡
数ヶ月後の12月に釜山を訪れた時、泊まったホテルの近くにある富平市場(プビョンシジャン)で、また美味しいオムク店を見つけ、3日続けて買いに出かけた!

富平市場は夜市が有名で、名物はユブジョンゴル!
ユブは、アゲの中にタンミョン(韓国はるさめ)や野菜を詰めたものだ。

ジョンゴルは、鍋のことだから、アゲ鍋?
熱々のスープといっしょに食べると、本当に美味しくて幸せな気分になれる☆

ここのオムクもいろいろな種類があって、美味しい!
そして、3晩通った私を覚えてくれた社長さんがとても優しかった♡

この旅で、影島にあるサムジンオムクの『オムク作り体験』もやった!
それは、別の記事に書く。

影島にあるサムジンオムクの会社の前を歩く子どもたち♪
運転手さんによると、先生が「カニさん、カニさん♪」と歌いながら歩いて行ったので、子どもたちがカニのマネをしているんだ、と教えてくれた。

多くの子どもたちが、しっかりカメラ目線なのがすごい!
最近の子は、本当にカメラ慣れしている☆

観光情報
名前 부산삼진어묵제험・역사관
住所 부산시 영도구 봉래동2가 39-1

부산삼진어묵제험・역사관へのルート