大塚国際美術館 カフェ・ド・ジヴェルニー

四国を回って、関西を楽しむ2週間の旅♪
道後温泉、高知市、徳島市に宿泊し、四国最後の目的地・鳴門の大塚国際美術館へ。

【関連記事】
大塚国際美術館 鳴門
青天の霹靂

館内は、約4kmの観覧コース。
休憩が必要なので、レストランとカフェを調べた。

館内にレストラン1つ、カフェが2つある。
朝食抜きで朝から訪れる予定だったので、メニューをチェック♪

好みに合ったのは、カフェ・ド・ジヴェルニー♡
カフェが人であふれる前に、ブランチを食べようと思った。
11時前に、鯛めしとムンクのどら焼セットを注文。

鯛めしは、道後温泉で食べようと思っていたのに、食べられなかったから選んだ。
残念ながら、火が通り過ぎた鯛は、パサパサで美味しくない。

添えられている大量のワカメは、歯ごたえが良くて美味しい☆
鳴門ワカメかな?

ショックな知らせを受けて、すっかり食欲を失くし、鯛めしを残してしまった。
でも、すでに注文していたので、どら焼きにチャレンジ♪

ムンクの叫びをプリントしただけなんだけど、美術館らしくていい!
しかも、ムンクがサンタの帽子を被ったクリスマスバージョンだ♡

阿波晩茶が入ったポットは小さく見えるけど、たっぷりお茶が入っている。
どら焼きは、なかなか美味しい。

老舗和菓子店とのコラボ商品らしい。
生クリーム添えイチゴとアラレ付き!

甘酸っぱいイチゴとしょっぱいアラレが、どら焼きの口直しになる☆
この組み合わせを考えた人は、えらい!
毎日、長距離ドライブしていたので、甘いものが美味しく感じる♪

早めにカフェに行ったのは、大正解!
昼時になると、レストランとカフェは、人でいっぱいだった。

観光情報
名前 大塚国際美術館
住所 徳島県鳴門市鳴門町土佐泊浦福池65-1

大塚国際美術館へのルート