台湾旅の準備について

ひとり旅では、ネット検索が欠かせない!
海外では、いつもレンタルWi-Fiを借りていた。
今回は、どうするか?

悩んだ結果、当たりハズレがあると言われるsimカードではなく、やはりレンタルWi-Fiを選ぶ。
仕事だから失敗は許されない。

当時、北九州空港ではレンタルWi-Fiを借りられなかったので、宅配してくれる会社を選んだ。
今、北九州空港はロッカーを利用した無人のレンタルWi-Fiシステムがある!

Wi-Fiは、出発3日前に届き、動作を確認できた。
しかし、安心するのは早かった・・

台北では、しょっちゅう接続が切れ、使いものにならなかった。
この経験から、以降はsimカードを使うようになる。

3月の台北は、九州と同じように気温の変化が激しい。
出発直前までいろいろな旅行ブログを見て、服装チェックをした。
悩みに悩んで、カーディガンで調節することにする♪

私は、パズルを組み合わせるようにスーツケースに荷物を入れていくのが好き♪
車輪側に重いもの、外側にクッション代わりの柔らかいものを詰め、内側に壊れやすいものを入れる。
あれこれ工夫して、ピッタリ収まった時の爽快感がたまらない♡

機内持ち込みのバッグには、100ml以下の液体物を入れるジッパー付袋(ジップロックがお気に入り!)を数枚入れておく。

液体物以外にも日本円を保管したり、旅行中の領収書やチケットなどを保管するのに役立つ!
現在は、100mlまでの液体類を分別する必要がない空港が増えてきた。

食べきれない食品をテイクアウトする場合もある♪
大きなジッパー袋は、濡れたものを入れたり、香りの強いお土産を入れるのにいい。

台北旅のために用意したのは、大量のウェットティッシュとお尻ふき!
初めての国でいちばん心配なのは、トイレ事情だ。

文字にするとちょっと抵抗がある『お尻ふき』だが、ウォシュレットがないと生きていけない私には切実な問題!

ウェットティッシュでもいいんじゃない?という意見があるかもしれないが、ウェットティッシュは使えない。

まず、トイレに流せない!
そして、ヒヤッとする感覚がイヤ・・

赤ちゃん用の携帯お尻ふきがいちばん良い☆
お尻ふきは、便座を拭くこともできるので、あると便利♪

ウェットティッシュは、屋台で料理を食べるつもりだったから用意した。
台湾は、各地で開かれる夜市が有名だ☆
もともとお腹が丈夫なので、ぜひチャレンジしてみたい♡

私が旅したのは3月なので持っていかなかったけど、夏場、絶対に必要なのが、液体の虫よけとかゆみ止めだろう。
ガス式のスプレー缶は、航空機に持ち込めないので、気をつけよう!

部屋へ蚊を入れないための液体虫よけ剤も欠かせない。
帽子や日傘、日焼け止めクリームも忘れずに♪

3月でも、紫外線防止用のフード付きパーカーは持っていった。
冷感仕様だと、暑く感じないので便利☆