【ロンドン観光】準備について

英国へ来て、3ヶ月になろうとする2月初めの金曜日、初めて学校を休んで、2泊3日でロンドンへ行くことにした。

ロンドンへ行く3つの目的
1. 大好きな博物館・美術館を見て回る。
2. 美味しいものを食べる。
3. 髪を切る。

1. 大好きな博物館・美術館を見て回る。
博物館・美術館巡りは、留学中でも絶対に欠かせないと思っていた。
ロンドン市内にある多くの博物館・美術館には、それぞれお気に入りがあり、それを見るのが英国を訪れる目的のひとつだから!

いつもは、10日以上滞在するのでタップリ見られるけど、今回は、たった3日!
まるまるロンドンにいられるのは、中1日という短い旅なので、行先を厳選することにした。

2. 美味しいものを食べる。
残念ながらカーディフでは、なかなか美味しいものに出会えないので、ロンドンで食いだめしようという考え。

3. 髪を切る。
留学を機会に、長年の毛染めをやめて地毛に戻そうとしているので、美容の最先端をいくロンドンで髪を切ってみたい!というチャレンジ精神によるもの。

旅の計画を立てるのは、三度の飯より大好きなので、全く苦にならない♪
最初はホテルを探しながら、移動手段を考えた。

カーディフからロンドンへの移動手段は3つ!
1. 自動車
2. コーチ(長距離バスのこと)
3. 鉄道

自動車の運転は大好きだけど、さすがにロンドン市内を自動車で回るのはムリがある!
車を乗り入れるだけでお金を取られるし、駐車料金がめちゃくちゃ高い!

コーチは値段が安いけど、時間がかかる。(約4時間)
鉄道は2時間で行けるけど、値段が高い。

最初は、コーチで行こうと思っていた。
ところが、カーディフへ来て人生初の腰痛を味わっていたので、高くても短時間で移動できる鉄道を選んだ。
寮のベッドのスプリングが最悪なのが原因!

鉄道での移動と決まると、自然とホテルもカーディフからの乗り入れ線が入るパディントン駅周辺に絞られる。
私は、スーツケースを持ってウロウロするのがキライだ。

それに、間違いなく帰りの列車に乗るには、できるだけ駅の傍のホテルにした方が、移動時間を読みやすい。
以前のパディントン駅周辺は、安宿ばかりのイメージだったが、最近は新しいホテルがどんどんできているようだ。

移動手段とホテルが決まったら、次はレストラン探し!
食べたいものをリストアップしてから、地下鉄やバスでの移動に便利な店を探す。

ふだんの旅行では、あまり予約を入れない。
食事時間を決めると、観光に集中できなくなるから・・

でも、今回は絶対に美味しいものを食べたかった!
そこで、1日1食ずつ3ヶ所のレストランを予約することにした。

予約は早めに!
旅の計画を立てるのは、早ければ早いほど良い☆
交通手段は、どれも早割を用意しているし、ホテルも安く予約できる。
たった1日で、大きく値段が変わることがある!

旅の計画では一切の妥協をしないのが、私流☆
とことん調べて最善を尽くす!
日頃の生活もそうすれば、もっといい人生が送れたんだろうけど・・

 


表紙の写真は、ロンドンのパディントン駅。

パディントンからウェールズや南西イングランドへはグレート・ウエスタン鉄道を使うことになる。
イスに座っている像は、グレート・ウエスタン鉄道の技術者ブルネルだ。

鉄道車両や施設の優れたデザインに贈られるブルネル賞は、彼の名前から来ている。
たしかにグレート・ウエスタン鉄道の車両はオシャレでかっこいい☆