絶品☆カンジャンケジャン

18時30分に予約をした『アグランコッケラン』へ行くため、18時頃、東大門ミリオレ前のタクシー乗場から乗った。

住所と店名をスマホで見せたのに、運転手は店名だけを音声で入力する。
大丈夫か?と思ったが、方向は間違っていない。

ところが途中、渋滞して進まないためか左折して路地を進みだした。
そして、それらしい店もない裏通りで「ここだよ!」と言う。

こんなところで降りるワケにいかないので、「違う!」と再び、スマホを見せる。
たまたま、そこの店先にいた男性も「そんな店は、ないよ」と言う。

やっと、真剣に画面を読む気になったのか、番地を入力して出発!
再び大きな道路に戻って南へ進む。

右折して路地へ入って徐行しながら店を探していたら、左奥の路地に店名が見えた!
「고마워요!(ありがとう!)」と礼を言って降りる。

ヤレヤレ・・
ちょうど予約時間になった。

店に入ると、韓国人女性3人組と日本人カップルだけだった。
予約していたことを伝えるとテーブルに案内してくれる♪

メニューは、ワタリガニとアンコウの料理だけ!
もっとも私たちは食べるものが決まっているので、すぐに「カンジャンケジャン2つと、ビール1本ね♪」と注文。

最初に運ばれたビールを見て・・ん?コレは、何だ?
韓国のビールと言えば、CASSかHITEに決まっていると思っていたのに!

後で調べたら、HITEを作っている会社の新製品だった。

飲んだ感じは、日本のビールより薄くて飲みやすい♪
英国のビールも飲みやすくて好きだった♡

日本人カップルのところに先にバンチャンが運ばれる。
カートに載せて運ぶほど、種類が多い!

少し遅れて、私たちにも同じものが運ばれた。
テーブルいっぱいにおかずが並ぶ!

左上の鍋から時計回りに、ケランチム(具なし茶碗蒸しみたいなもの)、食べていないおかず、青菜のナムル、白菜キムチ、ホバッ、ニンジン、きのこなどの和え物、海苔。

右端がニラチヂミ、横にある上がモヤシ、ニラなどのナムル、下はワカメの茎の和え物。

ニラチヂミは表面がサクサクなのに、中がもっちりで特に美味しかった。
ふつうのニラチヂミとは違いニラの形がない。

奥さんのふるさと江原道のやり方かもしれない☆

ビールを飲みながら、おかずをつまんでいたらメインのカンジャンケジャンがやって来た♪
2匹のカニを真ん中でザックリ割って足を3等分にカットしている。

1つ取って、吸うように食べると甘みが強くてトロリとした身が喉を通る!
これまでに食べたカンジャンケジャンの中でいちばんかもしれない☆

新鮮だからか身が半透明でキラキラしている。
甲羅に入った卵の中にご飯をスプーン2杯分入れて、とびっこと刻んだ韓国海苔を加えてビビンパッを作る。

韓国では、コレを『ご飯泥棒』と呼ぶ。
それくらい美味しい!ということだろう♪

ビールとビビンパッ、チヂミとカニの身でお腹がいっぱいになる!
私たちが食べている間に次々に客がやって来て満席になった。

隣にやって来た日本人の女の子2人は、メニュー表を見ながらアレコレ注文しようとしている。
せっかく来たからアレコレ食べたいという気持ちは分かるし、若いから食べられるのかもしれない・・

でも、あまりにも大量に注文しようとしていたので老婆心が出て、「ちょっと多過ぎるかもね・・」と言ってしまう。
「コレがカンジャンケジャン2人前だけど、おかずが多いから食べきれないよ」と忠告する。

おせっかいがキライな人なら、「あぁ、そうですか・・」と答えて無視するかもしれない。
ところが、2人は助言を受け入れてカンジャンケジャン1人前とアグチムというアンコウのあんかけを1人前ずつにした。

先にやって来たアグチムを見て、顔を見合わせている。
「ねぇ、コレ・・小って言うたよね?大じゃないよね?」と不安そう・・

「さっき、向こうのテーブルの人たちが、それの大を食べていたけど、こ~んな大きな皿にドカン!と入っていたよ」と教えたので、2人がビックリ!

私は以前からアグチムには興味があるけど見るのは初めてなので、食べる前にお願いして写真を撮らせてもらった。
すると、「良かったら、一緒に食べません?」と誘ってくれる!

これには、私が驚いた・・
こんな若い子もいるんだ!

やっぱり旅に出るのは、いい♪
自分の知らない世界を見ることができるのが楽しい☆

生まれた時からスマホ世代の女の子たちだから、お互いに食べるところを撮り合ったり、動画で記録している。
私の場合、旅の記録として食べ物を写しているが、彼女たちは日常を記録するんだろう!

その後も旅の話が弾んで、アレコレしゃべった♪
高校の同級生だという2人は、これからまだフライドチキンを食べる気らしい!
その若さと食欲がうらやましい☆

あまりにも人懐っこい彼女たちとこのまま別れるのが惜しくて、1人とLINEでつないだ。
同性とはいえ、ちょっと不安だったのか、「あの~、悪い人じゃないですよね?」と言いながら操作するのが可愛い♡

私は悪い人じゃないよ。
ブログを書いているけどね♪