老親との親子旅のススメ!

老後の楽しみのひとつが旅行!という人は多い。
ところが、実際にリタイアして時間ができても、別の問題が起きる!
金銭的な問題、親の介護、そして自分自身の体力の衰えなどだ。

多くの人は「この問題が片付いたら、旅行をしよう!」と考える。
しかし問題は次々に起きて、とうとう行けずじまい・・

旅行に限らず、やりたいことを先延ばしにしていたら、死ぬ時は心残りがいっぱいだろう。
残念ながら最近の社会情勢を見ていたら、お先真っ暗だ。
楽しみを先に取っておくメリットは何もない!

旅が人にもたらす良い影響は、とても多い☆
環境が変わることで脳が活性化され、身体に良い変化をもたらす。
これは、科学的にも証明されている。

日々、いろんな制約を受けて暮らす障がい者や年長者は、ストレスを抱え込んでいる。
ところが旅を計画すると、心身に変化が起きる!

旅への楽しみで気持ちが明るくなる。
体調を整えて、旅を楽しもうと前向きになる。

上記の変化により、体調が良くなる。

障がい者や年長者など旅行に不向きとされる人々も、工夫次第で旅を楽しむことができる☆
私の母は父の死後、数年間うつのような状態になり、大好きだった外出もせず家に閉じこもっていた。

驚いたことに、韓国へ連れ出すようになると、少しずつ変わった!
自分でも韓国では食欲が出て、周りのことに関心を持つようになると気づいたようだ。

日頃の生活と比べて、あらゆることが刺激となり良い影響を受けるのだ♪
帰国後も、旅先でのことを思い出して話すことで元気を取り戻した。
そして、次の旅行への意欲が湧き、リハビリに励むようになる!

旅の楽しさは、旅行の最中だけじゃない!
・旅の前に計画を立てる時から、何をしようか?何を食べようか?と考えることで楽しめる♪
・旅が終わっても、写真を見ながらアレコレ思い出を語れる♪

こう考えると、旅の費用は決してムダな出費ではない!

とはいえ、障がい者や年長者が旅に出るには、いろいろな事前準備が必要だ。

手配とチェック!
・移動方法について
・宿泊施設について
・観光先について
・飲食店について
・トイレについて

別の記事で、それぞれの内容を詳しく説明する!

最近は、オーダーメイドの旅を用意してくれる旅行会社もできているようだが、ちょっとがんばったら誰でも企画できる☆
老親への感謝の気持ちを旅行という形で表そう♪