ロイヤルパークホテル倉敷

四国を回って、関西を楽しむ2週間の旅♪
道後温泉、高知市、徳島市に宿泊し、四国最後の目的地・鳴門の大塚国際美術館へ。

【関連記事】
大塚国際美術館 鳴門
大塚国際美術館 カフェ・ド・ジヴェルニー

ここで、大阪行きを断念せざるを得ない状況になった。
【関連記事】
青天の霹靂

よ~し、旅の表題を変更!
四国を回って、山陽道を戻る5日間の旅♪

大塚国際美術館で急きょ、今夜の宿泊施設を検索した。
倉敷で泊まることにする。
だけど、鳴門の渦潮も見たい♡

【関連記事】
鳴門の渦潮と瀬戸大橋

岡山県に上陸しても、また変な道へ案内しようとするナビとグーグルマップ。
なんとか倉敷市にたどり着いたが、倉敷駅前で大渋滞!
さらに、あり得ない細道へ曲がるよう指示する。

新しいホテルだから、グーグルマップしか使えない。
ところが、細道の突き当たりにあるホテルの前は、商店街だ。

手前にあるタイムズ駐車場の横に車を停めて、ホテルへ電話。
若い男性スタッフが、歩いて来てくれた。
誘導のおかげで無事、ホテルの立体駐車場へ到着♪

帰ってから調べたら、開業してわずか10日のホテルだった!
きっと、彼は迷子になったゲストのために、何度も外まで迎えに出ているんだろう。(苦笑)

車だと、誰もたどり着けないホテルだと言う。
でも、若い男性スタッフは、とても親切だった。

チェックインの時、私が女性スタッフに美観地区のことを訊いていたのを、彼は傍で聞いていたようだ。
手続きの後、案内図を持って来て、周辺情報を説明してくれた。

受付スタッフは、明日の13時までなら、プラス500円で引き続き駐車できると言う。
彼は、「チェックアウトして美観地区のアイビースクエアに停めた方がいいですよ」とアドバイス。
もし13時過ぎたら、1,500円も支払うことになるからだ。

夕食を外で済ませて、ホテルへ戻った。
フロント横にある試飲場で、マスカットの辛口ワインをもらう。

11階にあるラウンジでコーヒーを注いで、部屋へ戻った。
朝は、ここが食事会場になる。

部屋は、スタイリッシュで、防音が効いている☆
外の音は、ほとんど気にならない。
昨日泊まった徳島グランヴィリオより、かなり狭いけど、ソファがあるから便利だ。

最低でも、これくらいの広さは、ほしい♡
バスルームも充分な広さがあるけど、洗面台の棚が狭いガラスなのがマイナスかな?
女性は小物が多いから、広い方が助かる。

倉敷らしい和テイストもあるので、なかなか良い。

アメニティを入れた倉敷帆布のポーチは、プレゼントしてもらえる☆
ドライヤーを袋に入れて、吊るすのは斬新な発想♪
わかりやすくていいと思う。

11階のラウンジからの風景♪
倉敷駅やデパートの天満屋が見える。

行った時は、ほぼ満席だった。
冷たい飲み物はアップル、野菜ジュース、牛乳しかない!

しかもアップルは、コップ半分で終わり・・
スタッフに声をかけると、後でテーブルへ持って来てくれた。

食事は、洋食と和食から選べる。
洋食は、ワンプレートに野菜サラダ、鶏肉ハム、ポテトサラダ、スクランブルエッグ、ウインナー2本、ちょっぴりのヨーグルト、パイン、オレンジ2切れずつ。

カップ入りコーンスープと小さな丸パンとクロワッサン。
味は、ふつう・・

若いスタッフたちは、COVID-19に負けず、元気いっぱいにがんばっている。
倉敷に来たら、また泊まりたいホテルだ!

宿泊情報
名前 ロイヤルパークホテル倉敷
住所 岡山県倉敷市阿知2丁目6-7

ロイヤルパークホテル倉敷