三清洞(サムチョンドン)☆ スジェビと散策

ソウル旅初日は、インチョン空港の入国審査がすんなり終わったから、予定より早くホテルへ到着。
チェックイン時間前だったのに、部屋に入れたのは運が良かった♪

思ったより順調にいったので、タクシーで三清洞スジェビへ行くことにする。
部屋へ向かう時は、コンシェルジェデスクに女性がいたが、出かける時はいなかった。

ホテルから道路を見ていると、タクシーはたくさん走っている!
自分で捕まえようと、外へ出た。

しかし、ホテルの前はバス停だから、意外と停めにくい。
そこへホテルの宿泊客を乗せたタクシーが停まった!

チャンスなので「乗っても、いい?」と訊くと、高齢のドライバーがOK!と答える。
「三清洞へ行きたいんだけど、三清洞スジェビを知ってる?」と言うと、「大丈夫!」と言って、ナビも設定せずに出発!

これまでに通ったことがない路地を抜け、プラザホテルの裏からソウル市庁の横を抜けて景福宮の横に出た。
ソウルの裏道を知っているベテランに当たってラッキー☆

奥にあるガラス張りの建物が新ソウル市庁で、手前の古いのが日本が建てた旧市庁。


三清洞スジェビ 外観

店の前に車を停めて「あそこが店だから」と説明してくれた。
韓国のタクシーは当たりハズレが大きいが、私は比較的当たりが多い。

店の向こうに大統領官邸である青瓦台があるので、警察官がウロウロしている!

店へ入ると、ほぼ満席。
トイレに近い席に案内された。

女性スタッフが、わざわざ「日本人に!」と注文を伝えるのが気になる。

スジェビは、以前のまま美味しい☆
しかし、1人で食べるには量が多いので、少し残した。

客は、中国人や東南アジア人が増えている。
天気が良いので、以前より整備された道を歩きながら三清洞を降りる。

韓屋(ハノッ)を再現したカフェやオシャレなカフェがたくさんできている!
入ってみたいと思う一方で、カフェを利用する習慣がないので、もったいない気がする・・
ステキなマフラーを見つけたが、創作だから高いだろうと思って値段は見ていない。

青瓦台へのゲート前は人があまり歩かないせいか、道路の端っこに雪が残っていた!
雪が溶けないくらい寒いということだ。

景福宮と道路を挟んだ反対側にステキな建物がある!
以前からあったっけ?
よく考えたら以前は、グルッと工事用フェンスに囲まれていたところだ。

エルキュール・ポアロと同じ時代(1930年代)じゃないだろうか?
曲線が美しい煉瓦の建物だ!

国立現代美術館だ。
入ってみたけど、荷物を全部ロッカーに預けるシステムのようなので、見学はやめておく。

店舗情報
名前 삼청동수제비
住所 서울특별시 종로구 삼청로 101-1

三清洞スジェビへのルート