ヒラメ入りワカメスープ

ホテルに荷物を置いて、14時過ぎからランチの店を探して南浦洞の繁華街・光復路をウロウロした。
正確には光復路から1本入った路地で、飲食店が多い通りだ。

暑いので油っぽいものは食べたくないし、屋台のキムパッ(韓国風海苔巻き)は、ちょっと怖い・・
ロッテデパート前からBIFF広場までの道を往復して、選んだのは『五福ワカメスープ』。

以前の私なら選ばなかっただろうけど、英国で生活して微妙に嗜好が変化した。
半年間、海藻をほとんど食べていないから、身体が欲するのかもしれない!
すでに15時近いので、客は少ない。

まずは、メニューを見る。
何度も韓国へ来ているので、ほとんどの文字を読むことはできるけど、読めても意味が分かるワケじゃないので、絵を見ながら判断するしかない。

私はワカメスープの店だから軽い食事だと思っていたが、実際はメインのワカメスープに魚、肉、あわび、貝などが入り、それにおかずが並ぶという壮大な料理だった!

あわびとワカメの取り合わせが美味しいのは知っているが値段が高いので、いちばん安い魚にした。
約1,000円だ。

가자미という名前だったが、その時は何という魚なのか分からなかった。
ただ、白身魚だということを知っていたので注文した。

先にテーブルに小皿のおかずが並ぶ。
これまで韓国料理は、メインすら食べきれないくらい量が多いから、おかず類にはあまり手をつけなかった。

しかし、英国で食べたくても食べられなかった韓国料理への執念が私を動かす!
どの皿のおかずも少しずつ食べてみた。

左上から右回りで順番に、海藻の酢もの、豆腐、干し大根の和え物、丸い皿は生臭いソースだった。
右下の大きな皿はワカメの茎と葉っぱ、蓮根の煮物、白菜キムチ、見たことのない葉っぱのサラダ。

そしてメイン料理であるワカメスープが運ばれた。
グツグツ煮えたぎっているので、器の周りにスープが飛び散っている!
スタッフは慣れているから、平気でテーブルに置くけど、私は思わずのけ反ってしまう・・

最初の状態では、器の中はワカメだらけで魚の姿は見えなかった!
これは後から探し出して上に置いた写真。
でも、こっちは裏側だった・・

ワカメは歯ごたえが良くて美味しい☆
最初は「こんな大量のワカメなんか絶対に食べられない!」と思ったが、食べてしまった!

魚は骨があるのでスープの中で解体したら、スープが飲みにくくなると思い、ソッとご飯の横にある皿に移して食べた。
スープは薄味だけど飲みやすくて、ほとんど全部飲んでしまった♪

後で気づいたが、他のテーブルにはサンマみたいな細長い魚を焼いたものがあったのに、私にはなかった・・
1人客だから出さなかったのか、忘れていたのか?分からない。

店舗情報
店舗名 오복미역 남포점
住所  부산시 중구 남포동2가 25-10

오복미역 남포점へのルート