シンセゲ (新世界)スパランド

新世界(シンセゲ)デパートがセンタムシティにできた時は、売り場面積が世界最大でギネスブックにも載ったほど大きい!
今は、もっと大きなデパートがあるかもしれない。

デパ地下チェックは後回しにして、エスカレーターで1階へ。
化粧品売場を通り抜けないとスパランドへ行けない。

近頃は、『香害』という言葉があるらしい。
私は昔から、強烈な化粧品の匂いが大嫌いだ!
他の人に迷惑になるほどの香りはカンベンしてほしい・・

スパランドは17,000ウォンになっている。
値上がり幅がすごい!
最初に来た時は11,000ウォンだったと思う・・

スパランド利用について
・料金を払うとレシートと番号札をくれるので、番号を探して靴を入れる。
・シューズボックスの鍵が、文字通り『鍵』となるので、コレを失くさないように!
・入口で鍵をタッチしてバーを通り抜ける。
・右手にカウンターがあるので、番号札を渡すと、一瞬で体型を判断して適当な大きさの部屋着とタオル2枚を渡してくれる。
・女性は入って右側、男性は左側のロッカールームへ。
・番号と同じロッカーを探して荷物を入れる。
・最初にお風呂に入る。
・ロッカールームで部屋着に着替えてチムジルバンへ移動する。
・チムジルバンでは、男性といっしょになるのでカップルが多いのがスパランドの特徴。
・サウナは20種類くらいあるので好きな部屋へ、どうぞ♪
・喉が渇いたり、お腹が減ったらカフェとレストランがあるので利用しよう!
・マッサージなどのサービスもあるが、支払いは全て鍵で行うので安全で便利♪
・基本料金で利用できるのは4時間!
・利用後は、最初に入ったところに戻って、鍵をスタッフに渡すと精算してくれる。

室内着も変わっていた。
以前のものは柔らかい素材だったけど、化繊なのかゴワゴワしていて着心地が良くない。
ロッカーが小さいので、ダウンコートがあるといっぱいいっぱいになる!

近くのロッカーに来た白人女性が鍵を差しても開かないから、やってみせようとしたら番号が違う。

隣だよ!と教えていたら韓国人のおばあちゃんも「208番は、どこだ?」と訊いてくるので、またまた反対側へ案内すると、「ありがとうね」と言う。

自分のロッカーが開けっ放しだから大急ぎで戻る。
人助けをして盗難に遭ったら、イヤだ!

素っ裸で風呂へ向かう時、白人女性に、大丈夫?と訊いたら、「サンキュー!」と笑う。
今日はシャンプーやブラシ、スポンジなど道具が多いので移動が大変だ。

前回、化粧を落とさずに風呂に入っていたら注意されたので、わざわざ洗顔を持ってきた。
だけど、出すのを忘れたから、結局ボディソープで洗った。(ホントにアホ!)

風呂は一部分、湯を抜いていた。
スパランドは温泉なので、身体の芯から温まる☆

日本語クラスのユンさんが「海雲台周辺は昔から温泉が出るんですよ。私も小さい頃から行っています」と教えてくれた!

風呂は、いろいろな温度の湯船がある。
私が選んだのは、それほど高温じゃないけど長湯できないタチだから、10分くらいで上がる。
部屋着に着替えてチムジルバンへ移動♪

コレが韓国ドラマなどでおなじみの『ヤギ巻きタオル頭』!

スパランドのチムジルバンは床がきれいなタイル張りもしくは板張りなので気持ちがいい♡
ロッカールームもチムジルバンも全てオンドルなので、ポカポカ温かい。
やっぱりオンドルが最高♪

ところが大好きなサウナは、どこもいっぱい!
またアラブルームに入った。

ここだけ、1人分空いていたけど、けっこう暑くて汗がダラダラ出てくる!
風呂上がりに買ったシッケ(コメのジュース)をできるだけ熱くない場所を選んで置いておく。

今まででいちばん汗が出たかもしれない・・
それでも他の場所へ行くのがめんどうだからガマンしていた。
16時30分頃、たまりかねてリラックスルームに逃げた!

ここで、しばらくクールダウン♪
個人用テレビ付きのソファは、寝心地がいい☆
ここは寝ている人が多いので、とても静かに過ごせる。

ロッカールームに戻って、ヘアドライヤーをする間も暑いので扇風機をかけながらやった!
化粧品にこだわりのない人なら、ボディローションや化粧水なども用意されているので便利だ。

タイツを履くと床が温かいので暑いくらい・・
冬の釜山旅でスパランドは欠かせない!

地下へ行くと美味しそうなケーキがたくさんある!
ドゥーブルフロマージュを買ってなかったら、イチゴたっぷりのタルトを買いたいところだ。

以前、詞子が教室に置いていたいろんな種類のお茶は何と70000ウォンもする!
生徒からのプレゼントだそうだ。

そして、ふと見るとオーソルロッがある。
済州島で食べた懐かしのアイスがあったので迷わず注文♪

風呂上がりのアイスは最高☆
サラッとした口当たりで甘みが少なくて食べやすい☆

この写真を翌日、教室で見せたら詞子が「どうして1人で食べたの?私も食べたかったのに!」と悔しがった。

オーソルロッのアイスが大好きなのに、店舗がなくなって食べられないと思っていたらしい!
でも、生徒が「先生、ロッテにもありますよ!」と教えてくれたので、機嫌が直った♡

胡桃入りあんパンの美味しい店もあるけど買わなかった。
ソウルのシンセゲで買って食べたことがあるから味は分かっている!

夜、後悔した・・
やっぱり甘いものを食べたくなるのだ。