釜山大学周辺散歩

釜山大学駅は南浦洞からかなり遠いが、地下鉄1号線でダイレクトに行けるので便利♪
駅は17駅もあるが、所要時間はおよそ30分だ。

釜山大学周辺へ行かなかったのは、若者向けのショップが多いせいだけど、興味はあった。
今回、思いがけず地元に詳しい詞子といっしょに歩けるので楽しみだ♪

家に戻って仕事をするはずのワダッチが、いっしょに来てくれた。
地理に詳しいワダッチがいると助かるけど、足は大丈夫かな?

3番出口から出て直進する。
道行く人は、やはり若者が多い♪
でも、思ったより落ち着いた雰囲気だ。

釜山大学校正門

大通りへ出て少し右へ歩き、前方へ進むと正面に釜山大学校という文字が見えた!
正門前の左角にあるトストゥの店が美味しいらしい♪

トゥブ家で昼ごはんを食べたばかりなので、全然食べられそうもない。
残念・・

正門に向かって左へ曲がると、占いの店がたくさんある。
韓国ではタロット占いが流行っているという。

まっすぐ歩くと、突き当たりにオシャレなケーキショップがあった。
周囲には、カフェやトンカツの店など若者が好む店が多い。

地下鉄の駅から釜山大学への道は、緩やかな上りになっている。

少し下ったところで何気なく写真を撮っていたら、ワダッチが「ここが、ユガネの本店だよ!」と教えてくれた。
ユガネは韓国全土に展開するタッカルビのチェーン店だ。

韓国へ行くようになって、最初の頃からあちこちで見かけていたが、辛いものが苦手な私は食べようと思ったことがない。
まさかこんなところに本店があるとは思っていなかったので、ビックリ!

駅からコの字を描くように歩いて来たが、松葉杖を使うワダッチはそろそろ限界だろう・・
どこかで休憩しようとカフェを探す。

ワダッチが急に「せなは、作曲をする?」と訊くので、「ん?作曲はしないよ。学校では習ったけどね。」と答える。
私の後ろを指差して「ピッタリの店があるよ!」と笑う。

compose coffeeという目立つ黄色の文字!

私は、そこでもいいのに何故か、2人は交差点を渡って行く。
どうやら、詞子とワダッチが好きなのは、落ち着ける小さなカフェのようだ。

途中、路地にオシャレな一角があるのを見つけた♪
小さなブティックの店先にあったディスプレイは、韓国ならではコンビネーション!

日曜日だからか、路上に露店が出ているところがあった。
手作りアクセサリーやお菓子を売っている。

詞子が「あ、オランダを売っている!」と言いながら、寄って行く。
何かと思ったら、小さな丸い形のものが集まったようなお菓子を四角に成形したものだ。

「これ、好きなんだよね♪」と言う。
小さなテーブルには、不思議なものが並んでいる。
黒いひょろっとした棒状のものが入った袋を詞子が見ているので、何なのか訊いてみた。

トラジらしい。
トラジは、キキョウの根のことで、韓国では料理や薬によく使われる。

すると、店主がつまようじに細かく切ったものを刺して試食させてくれた。
ちょっとクセがあるけど、美味しい☆

次に、大きな瓶に入ったねっとりしたものをスプーンに取って渡す。
さっき食べた破片より、甘くて美味しい!

トラジの水飴煮650g入り☆

店主の説明をワダッチが通訳してくれたが、トラジに水飴を加えたもので気管支に効くそうだ。
美味しいけど、50,000ウォンもする!

脈がありそうだと思ったのか、少し小さい瓶も開けて、スプーンに取った。
これは、トラジのエキスでドロッとした液体だ。
エキスは、少し苦味がある。

値段はたしか20,000ウォンだったと思う。
写真を撮っていないのが残念・・

3人が立っていると、他の人たちも興味を持って寄って来る♪
店主は、急に増えた客からの質問に答えるのに大忙し!

気管支が弱い私は、美味しい薬なら大歓迎だけど、何しろ瓶が大きい!
「もう少し小さいものはないの?」と訊いてもらった。

内容物が飴状なので、これより小さな瓶に詰めるのがむずかしいと言う。
半分くらいの高さの瓶なら値段も半分で、ちょうどいいのに!

とは言え、これから1年でいちばん寒くなる時期で、気管支に悪い。
とことん自分に甘い私は、甘くて美味しいトラジの魅力に勝てなかった♪
詞子が好きなオランダも1袋買って、カフェでいっしょに食べることにする。

地下鉄1号線釜山大3番出口

しかし、カフェを見つけられず、駅まで戻った。
ワダッチの家の近くのカフェへ行くことに決めた♡

釜山大学周辺は、路地裏におもしろそうな店がたくさんありそう☆
若い人におススメのエリア!

観光情報
名前 부산대학교
住所 부산광역시 금정구 장전2동 부산대학로63번길2

부산대학교へのルート