無等山(ムドゥサン)国立公園散策

初めての全羅南道の旅もいよいよ最終日。
本当は、光州広域市の郊外にあるスローシティと呼ばれる潭陽郡 昌平へ行きたかった♡

でも昨日、楊林近代歴史文化村を半分くらいしか見られなかったし、最終日に郊外へ出かけるのはムリがある。

悩んでいたら夜、旅の2日目の南道一周バスツアーに同行したMIYOさんからメールがきた。
「午前中は空いているから、案内しますよ」と誘ってくれたのだ。

1人で歩くより、2人の方がどんなにいいか分からない!
甘えてばかりで悪いけど、お願いすることにした。

◆今日の訪問先◆
楊林近代歴史文化村♡宣教師たちの足跡(1)
楊林近代歴史文化村♡宣教師たちの足跡(2)
光州伝統文化館

この先、車は一切侵入できない!
だから、歩くのを覚悟して離れた場所にある駐車場に車を停めるか、近くまで上がれるバスで来る人が多いそうだ。
バスターミナルかと思うくらい、たくさんのバスが停車していた!

車道と歩道に分かれているが、実際はどこを歩いても構わない。
雨が降ったり止んだりの状態なので、湿度が高いけど、不思議と蚊はいない。
韓国の蚊は、刺されると強烈だと聞いているので、できれば遭遇したくない!

渓流沿いを上がって行くと、だんだん涼しくなってくる♪
途中、仲良しアジュンマ(おばさん)グループが敷物を広げて、お弁当を食べようとしていた。

韓国では、どんなお弁当を持って来るのか、興味津々なので覗いてみる!
日本だとお弁当箱いっぱいのごちそうを用意するが、韓国は食卓の料理をそのまま詰めて来た!という感じだ。

キムチや作り置きのおかずを密封容器に詰めたものを、何個も取り出している!
友だちや家族と一緒に、同じものを食べることが喜びなんだろう☆

落石なんか、いつ起きるか分からないのに、何で警告するんだろう?
上ばかり見て歩くわけにはいかないだろう。

本当に危ないなら、何かしら工事すればいいのに!・・といつも日本で思っていたら、韓国にもあった!

MIYOさんは、의재미술관(ウィジェ美術館)傍にあるお茶屋のお菓子を食べさせたかったようだ。
残念ながら店は、やっていなかった。

ミュージアムショップのガラスケースに、そのお菓子を置いていた!
大喜びで買おうとしたら、箱を置いてあるだけで商品は、取り扱ってないと言う。
意味不明・・

本来は入場料を取るところなのに、MIYOさんが「ミュージアムショップだけ見るから!」と言うと、タダで見せてくれた。
若くて感じの良いスタッフで、帰りに傘を忘れたら、走って追いかけて来た♡

お金があれば買いたい!と思うような作品がたくさん置いてある☆
だけど、ゼロの数が一桁多い・・

ふだんでも韓国では、貨幣価値の関係で日本の10倍くらいの表示になるのに、100倍だからすごいことになっている!

館内の作品もぜひ見てみたかったが、時間がないから仕方ない。
焼き物が中心の作家だと思う!
陶芸に興味があるので、心残りだ。

山歩きで疲れたので、涼しいカフェへ立ち寄る。
もう12時を過ぎているから、最寄りの地下鉄駅で別れようと思っていた。

MIYOさんは「用事があるけど、遅れると連絡したから大丈夫です」と笑う♪
どこまでも優しい人だ♡

2人ともアイスコーヒーを注文して、ソファでおしゃべり♪
スターバックスって、種類が多すぎて悩んでしまう・・

ふと見ると、出入口のところに美味しそうな五味子(オミジャ)を使ったフローズンドリンクの写真があった!

「あれが、飲みたい!、あれにしよう!」と2人で盛り上がったが、後から続々と客が入って来て注文している。

今さら変更すると、ますます時間がかかるだろう、とあきらめることにした。
「あの写真は、反対向きに置くべきだよね!」と、2人ともプンプン!

観光情報
名前 의재미술관
住所 광주광역시 동구 운림동85-1

의재미술관へのルート