【絶景】ペンブロークシャー・コースト

ハバーフォードウエストから、A40を利用すれば早く戻れるが、明日は天気が崩れるという予報だ。

雨が降らないうちに、ウェールズでいちばん美しい海岸線であるペンブロークシャー・コースト国立公園を見てみたい!
グーグルマップを設定しようとしたが、地名がないと上手くいかない。

そこで海岸線の南側にあるリトルヘブンという町を目的地にして出発した。
B4341は生活道路級だが、見晴らしが良く、とても走りやすい道だった♪
両側に、どこまでも続く緑を見ているだけで気分がいい☆

到着したのは目的地より少し北にあるブロードヘブン
途中、ラウンドアバウトで曲がるところを間違えたけど、そのまま進んだらブロードヘブンへ出たのだ。(笑)

丘の上から見たブロードヘブンは、とても美しいビーチがある小さな村だった☆
残念ながら浜辺には駐車場がないので、気軽に寄れない。
あきらめて先へ進む。

坂の途中、ミラーに写るブロードヘブンがすばらしかったので、Uターンして写真を撮った。
天気が良かったら、さぞ美しい写真が撮れるだろうに!

次は、どんな景色が現れるのか?ワクワクしながら運転した♪
少しでも海岸線を走りたいので、グーグルマップを見ながら海岸へ近い方へ出る道を探す。
曲がりくねった細い道を走って行くと、入江に出た!

若い父親が、小さな息子に飛行機を飛ばして遊んでやっている!
ところが、ぶきっちょなウェールズ人なのか、あっという間に墜落させてしまう・・
チカラで飛ばそうとするから、上手くいかない。

でも今日みたいな寒い日に、子どもを連れて来て遊んであげるなんて、気持ちが優しい人なんだろう♡
少し見ていたけど手がかじかむほど寒いので、車に戻って再び走り出す。

道は、ますます狭くなり誰もいない。
向こうから大きな犬を連れて歩いてくる人がいたので、スピードを落とす。
すると、男性が手を挙げて合図をするので、車を停めて窓を少し開けた。

何か用ですか?と言うと、「もしかして、あなたが困っているんじゃないですか?道を間違ったんじゃないですか?」と言う。
新年早々、こんなところに来る外国人は迷子に違いない!と思ったんだろう。

ありがとう!大丈夫です、と答えると、ニッコリ笑って「良い1日を♪」と言いながら、窓に足を掛けた犬を慌てて押さえていた。

手を振って別れたが、バックミラーを見ると、ジッと見送っている。
ウェールズ人は、ホントに優しい☆

しばらくすると、左手に海が見えた。
かなり高いところを走っていたようで、前方に弧を描くように半島があり、眼下に広い砂浜が見える!
狭い道だけど、車を停めて写真を撮りたくなるくらいキレイ☆

浜辺では、たくさんの人と犬が遊んでいる♪
天気が良かったら、ここでゆっくり過ごしたと思う。
ウェールズの海岸線は、時間をかけて滞在するのに向いている!

私が語学学校でいちばん好きだった教師・エイドリアンが自分のお気に入りとして教えてくれたのは私が偶然、通ったブロードヘブンだった☆
そこに数日、滞在してのんびり過ごすそうだ。

もう1つのお気に入りの場所は、私がセントデイビッドを見学した後に寄った海岸の近くだった。

特に何をするでもなく、美味しい食べ物と美しい風景を楽しむ♪
彼の旅は、私の好みに似ている。


私の写真だけじゃ、ペンブロークシャー・コーストの魅力は、およそ伝わらないだろう・・
キレイな風景を見てほしくて、アイキャッチ画像は、ペンブロークシャーにあるブルズローター湾の写真を借りた。
夏なら、こんなキレイな色が出るんだろう☆

Bullslaughter Bay
Photo by Ian Cylkowski on Unsplash

ペンブロークシャー・コーストは、是非また訪れたい美しい場所だ!

ペンブロークシャー・コーストへのルート