台北桃園国際空港

スターフライヤーで飛ぶ初めての台北旅♪
着陸態勢に入ったので、テーブルや足置きを元の位置へ戻して外を見る。

おお~っ!
初めて見る台湾の大地だ。

左前方に空港らしきものが見えた、と思ったが、横を通り過ぎて行く・・
事前に見ていた地図には、桃園空港以外なかったけど。

飛行機はスピードを落とさず海岸線に沿って南へ飛ぶ!
しばらくして大きく旋回し、陸地の上を戻り始めた。
やっぱりさっきのが桃園空港だったんだ!と確信。

どんどん降下するので、地上のようすが良く見える♪
水田が多く、かんがい用のため池と思われるものが点在している。

台北桃園国際空港周辺は、高層ビルが少ない。
台湾は日本と同じく地震がある国だからだろう・・

そういえば花蓮の人たちは、どうしているんだろう?
やっぱり気になる。

現地時間17時30分頃、到着。
大きな台湾国旗が正面に飾られている!

チャーター便だから、ひょっとしたら沖止めかも!と心配したが、ちゃんとボーディングブリッジに接続されたのでホッとした☆

ドアから1歩出たら、そこは誰も知り合いがいない初めての国・台湾!
緊張と期待が入り混じった気分で入国審査へ向かう。

多くの人は「台湾は漢字の国だから大丈夫!」と言うが、中国・大連で痛い目に遭っているので、全く安心できない!

入国審査の手前に免税店がある。
飛行機を降りて入国審査に行く途中に、ふつう免税店ってないよね?

出た!
やたら画数の多い漢字の案内板。

人境検査というのが入国審査だろうなぁ・・
車ヘンに専門の『専』は、何と読むの?

これで乗換って意味なんだ!
分からない。

傾斜のあるターミナルの天井デザインが、おもしろい!
じっくり見たいけど、混雑する前に入国審査を受けたいので、どんどん歩く。

TAIWAN
入国審査の列に並んでいる時に、振り返るとTAIWANとグリーンでかたどった文字が見えた。
南国らしい演出だ☆

桃園空港は結構混雑すると聞いていたが、タイミングが良かったのか、行列はあまり長くなかった。

空港の出入国検査の行列に並んでいる時、「あと、どれくらい待つんだ?」と思う人は多いと思う。
桃園空港には、列の途中にこんなボードを置いてあった。

『この辺りだと、あと5分の待ち時間だよ!』と教えてくれるもの。
他の空港も是非取り入れてほしい工夫だ♪

『星悦航空』
荷物受け取り所へ行くと、北九州空港からの便は、星悦航空と書いてある。
へえ~っ、スターフライヤーは漢字だと星悦なんだ!

クレームタグについて
空港でチェックインの時に荷物を預けると、バーコードが付いたシールを貼られる。
同じバーコードのシールを張った小さな紙切れとボーディングパスをもらうだろう!
この小さな紙切れがクレームタグ。目的地に到着した時、空港のターンテーブルで預け荷物を受け取る場所がバゲッジクレーム。
いつまでも自分の荷物が出てこないことがある。

完全な行方不明はめずらしいけど、一時的な紛失は意外と多い!
こんな時、チェックイン時にもらったクレームタグが役に立つ。

クレームタグをなくさないように注意しよう。
世の中には似たスーツケースがあるので、自分の名前をしっかりチェックしてね♡