永和豆漿大王で台湾式朝食

台北旅2日目。
台湾には永和という名前の豆漿(トウジャン)店がたくさんある。
豆漿は、台湾風豆乳だと思っていいだろう。

別にチェーン店というワケじゃないのが、おもしろい♪
この店は、台北でも美味しい店として有名☆

永和豆漿大王 外観
消防署と道を挟んだ角地にある。

内用と外帯について
注文窓口は、内用(ネイヨン)と外帯(ワイタイ)に分かれている。
内用はイートインで、店で食べる人が注文するところ。
外帯は、テイクアウェイだ。

持ち帰りの人がけっこう多いから、外帯の方が混雑する。
並ぶ列を間違うと時間のロスだから、しっかり確かめよう♪
写真を撮った時は、2人しか並んでいないけど、私が行った時は6,7人並んでいた!

注文する時が、いちばん緊張する。
漢字ばかりのメニュー表は、暗号みたいに見える!

壁に貼ってある表の青い文字がメニューだ。
下の赤い数字は、料金。
自分が食べたいものをちゃんと言えたのか?

台湾風朝食
上から時計回りに米漿(ミージャン)、鹹豆漿(シェンドウジャン)、蛋餅(ダンピン)。
3品合計で、75元(約300円)という激安価格☆

米漿(ミージャン)

渡された時はビニールの蓋が付いた状態で、テイクアウェイできるようになっている!
写真を撮るには不都合なので剥いだため、上部に点々と液体が付着してしまった・・
可愛いイラスト付き紙コップ入り☆

米のジュースかと思っていたが、ピーナツも入った甘い飲み物だ。
さらに甘いだけでなく重厚感があり、2口飲んでパス!

鹹豆漿(シェンドウジャン)

メイン料理といえるもの。
豆乳に干しエビや油條(ヨウテャオ)と呼ばれる中華風揚げパン、何だかよく分からない数種類の具が入っている。

よく分からないけど、すごく美味しい!
ただし、どんぶりにタップリ入っているので、とても食べきれない・・

蛋餅(ダンピン)

卵焼きをクレープ状の生地で巻いたもので、餅という名前が付いているけど、餅じゃないと思う。
優しい味で食べやすい☆

 

鹹豆漿は、酢が入っているそうで食べていると、だんだん固まってくる。
固まるといっても豆腐のようになるワケじゃなく、茶碗蒸しよりもう少しゆるい感じ!

油條は油で揚げたものだから、胃にもたれそうだと思っていたが、良いアクセントになる♪
味噌汁の麩に似た感じかな?

鹹豆漿は、また食べたいと思う逸品だ☆

早朝から大勢の客が押し寄せる店だから、片付けは自分でやるシステム!

いちばん左のボックスは、残った料理を入れる。
真ん中の細いボックスはどんぶりを入れる。

右のボックスの上には小籠包のせいろとトレイを置き、割りばしやビニールなどはボックスへ捨てる。

食事中、他の客がやることをジッと観察していたから分かった!
慣れるまでは、食事に集中できないなぁ・・

外帯用カウンターと調理場
入る時は大勢の客がいたため見えなかった調理場では、スタッフが手際よく仕事をしていた。

台湾ごはんが美味しいとは聞いていたが、最初から当たりばかりでホントに幸せ♡
朝食におススメの店!

店舗情報
名前 永和豆漿大王
住所 台北市大安區復興南路二段102號

永和豆漿大王へのルート