日本語講座に飛び入り!

釜山滞在2日目。
午前中は、日本語講師をしている詞子のクラスに参加して生徒と会話をした。

日頃あまり積極的に日本語を話そうとしない生徒さんが一生懸命に話そうとしていたので、うれしかった!と後で聞いた。

自分が習っている言語を母国語とする人と会話するのは、何よりも勉強になると思う!
私も韓国人と話すチャンスができるので、お互い良い勉強になった。

ランチは、詞子と彼女の生徒で、ユンさんという日本語が上手な女性と3人で食べた。
今、釜山で大人気のイタリアンの店だ☆

半年前に初めて会って、まだ2回目なのに、ユンさんとは考え方が合うので会話が楽しい♪
声の良い男性が好みだということも共通していると分かった♡

食後は、これから市庁まで行くというユンさんといっしょに南浦駅まで歩く。
天気が良過ぎて日傘がほしいくらいだ・・
日傘も帽子も持っていない私は、詞子の日傘に入れてもらう・・

地下鉄は、とても込んでいた。
最初は詞子、次に私が横に座り、ちょっとして離れたところに立っていたユンさんも座った。
釜山鎮駅で降りる時、ユンさんにお礼を言って別れる。

駅から出ると、まったく影がないので、本当に暑かった!
詞子が日傘をさしかけてくれる。

クソ暑いのに、横断歩道に緑のおじさんとおばさんが立っていて、絶対に信号無視できない。
目の前にある茶色の建物が老人福祉会館だ。

詞子は毎週水曜日、ここで日本語を教えるボランティア活動をしている。
今日は私も授業を見学させてもらうために、いっしょにやって来た♪

1Fのコーヒーが安くて美味しいというので買いに行ったが、脳性麻痺の女性スタッフが「今は、コーヒーがありません」と説明してくれた。
残念だけどエレベーターで上へ。

詞子がトイレへ行ったので、私は廊下のベンチに座って待つ。
まだ少し早いので、部屋を使えないらしい・・

少し待ってから部屋へ行くと、若い男性職員がプロジェクターの準備をしていた。
詞子が前もって話をしていたのか「この人が、例の人ですか?」と、私のことを訊いていた。

生徒たちが座る場所を確認してから、離れたいちばん後ろの席に座る。
ちょうど横の窓が開いていて暑い空気が入ってくるので、ソッと閉めた。
韓国のエアコンは強烈なので寒くなり過ぎないように開けているんだと思う。

最初に、初老の女性がやって来た。
次に、私よりちょっと若い男性。

それぞれの生徒さんとお互いに日本語で自己紹介をする♪
どうやら今日は暑いので、休みの生徒が多いようだ。

2人の生徒と詞子が勉強をするのをしばらく見ていた。
途中から私も加わって会話の練習!

最初は、ちょっと緊張していた生徒さんたちも、すぐ慣れてくれた。
フリーマーケットでのやり取りのシーンだ。
詞子がパワーポイントを使って、立派な教材を作っている☆

14時30分頃、おじいちゃんがやって来た。
金田さんというおじいちゃんは、時間を間違って覚えていたようだ。
女性から「あなた、時間が違いますよ!」と注意されている。

別の男性は、なかなか日本語が上手で、ほとんど間違うことがない。
女性はやる気はあるけど、忘れてしまうことがある。
金田さんは、ほとんど何をやっているのか分かっていないようだけど、おとなしく座っている。

フリーマーケットでのさまざまなやり取りでは、正しい日本語を使おうとするあまり、棒読みになってしまいがちだ!

そこで、私が大げさなくらい感情を込めて、やり取りをした。
会話らしくなると、もっと楽しく勉強できると思う♪

授業の終わりに金田さんに名前を訊いたら、龍九(ヨング)さんという名前だった。
9番目の子どもですか?と訊いてみたが、良く分からないらしい・・
たぶん、昔習った日本語をもう一度やってみようと思っているんだろう♡

名前を書いてくださいと言うと、一生懸命漢字で書こうとして、何度も書き直す。
『龍』はむずかしいので、書けずに悩んでいた。

詞子は次のクラスの人が来たので早く部屋を出ようとする。
「また、お会いしましょうね!」と言いながら、いっしょにエレベーターで降りた。

とてもおだやかで優しい目をした金田さんに、また会えるといいなぁ♪