天念寺  天空の橋 豊後高田

久住(くじゅう)ドライブ旅4日目。
2日目の朝から降り続いた雨で、散々な天気だった。
最終日の今日、昼過ぎてやっと晴れ間が見えてきた♡

【関連記事】
掩体壕(えんたいごう) 宇佐
十割蕎麦ゑつ 豊後高田
長安寺のシャクナゲ 豊後高田

天念寺には、修験道の人が使う無明橋という天空の橋がある。
駐車場から見ると、本当に遠くて小さく見えるだけ!

きよさんによると、橋の近くへ行くには、鎖を使って岩を上らないといけないそうだ。
高いところが大好きな私だけど、山登りはキライ!

ヘリコプターで橋まで連れて行ってくれるなら、喜んで渡るけど・・
下から見るだけでヨシとする♪

天念寺は、ハイテクシステムを導入している。
人が近づくとセンサーに反応して、寺の由緒について延々と説明。

旧国宝という言葉が気になった。
わざわざ旧と付けるのは、今は国宝じゃないということか?
調べたら、文化財保護法が施行された1950年を境に、新旧が分かれているだけだと分かった。

いつまでも解説を聴いている私を残して、きよさんは周辺を歩いていた。
靴を脱いで、室内へ上がることもできる。

たぶん、防犯カメラは付けているんだろうけど・・
無明橋を渡る修験者たちの写真があった。
わざわざ苦しい思いをする人たちの気持ちが分からない!

道路を挟んだ長岩屋川の中の巨岩には、川中不動(かわなかふどう)と呼ばれる磨崖仏が彫られている。

新緑がとても美しく、周囲の環境がすばらしい☆
海外からの観光客が多い理由が分かる!

COVID-19のせいで海外へ行けないけど、地元のすばらしさを再認識できた。
これも、きよさんのおかげ♪
本当にありがとう♡

観光情報
名前 天念寺
住所 大分県豊後高田市長岩屋1152

天念寺へのルート