初めての全羅南道への旅!

2018年は、1月のソウル旅、2月の大阪旅、3月の台北旅で始まった。
友だちに「6月、取材で韓国へ行くよ」と言うと、みんな「いいなぁ!タダで旅行ができるなんて!」と、うらやましがる。

そりゃあね・・旅好きな私にはもってこいの話なんだけど、あくまでも仕事だから!
仕事って、そんなに甘くないよ。
コリアエクスプレスが就航する務安空港がある全羅南道は、韓国南西部に位置する。

韓国好きを自認する私だが、この時まで全羅南道へ行ったことがなかった。
ソウルからも釜山からも離れているので、移動に時間がかかる!
だから敬遠していた。

全羅道(チョルラド)とは
李氏朝鮮の行政区分朝鮮八道の1つ。
現在全羅北道に属する州(チョンジュ)と、全羅南道に属する州(ナジュ)の頭文字が名前の由来。
今の韓国で全羅道地域という場合は、全羅北道・全羅南道・光州広域市のことを指す。

全羅北道を代表する全州は、ビビンパッやマッコリなどで知られる観光地で、伝統家屋である韓屋(ハノッ)の街並みも有名だ。

だが、どう考えても時間が足りない!
今回取材するのは、務安(ムアン)空港がある全羅南道のみに決めた。

ところが、全羅南道についてネットで情報収集しようとすると、驚くほど情報が少ない。
前途多難だ!

全羅南道への旅が決まってから、しばらく孤軍奮闘!
最初の難関は、到着後の移動とホテル探し。

21時に務安空港へ到着後、どうやって街へ移動するのか?
務安空港のHPには公共交通機関として2種類のバスが掲載されている。

ところが、リンク先をクリックすると、韓国語のページにつながる。
出発地を選択しても、到着地を選べない!
どうすりゃ、いいの?!

ホテルは、どんなところにある?
ホテルサイトをいくつか検索したが、務安のホテルは全く出てこない。

万事休す・・

解決策は?
人を頼る!
韓国で困った時、いつもお世話になる釜山在住のハさんに泣きついて、お願い・・

すると、珍島の海割れのようにパッと目の前が広がり、明るくなった☆
珍島は、全羅南道にある島で『珍島物語』という歌で有名♪

務安に住む日本人ガイドMARIKOさんとMICHIKOさんを紹介してもらえた♡
出発前にメールでやり取りして、務安郡と光州(クァンジュ)広域市を案内してもらうことにする。
さらに、木浦(モッポ)市は、別の人を紹介してくれたので計画は、ほぼ万全♪

韓国語を話せない旅行者が利用しやすいバスツアーを利用して、全羅南道を効率よく回ることにする。

全羅南道は、韓国の中でも特に料理が美味しいことで知られている!
美しい自然と美食が今回の旅のテーマだ☆

表紙は、務安空港で展示されていた蓮の花の写真♡
私もこういう風景を見たかった!

全羅南道へのルート