青天の霹靂

四国を回って、関西を楽しむ2週間の旅♪
道後温泉、高知市、徳島市に宿泊し、四国最後の目的地・鳴門の大塚国際美術館へ。

私は本物志向で、なんちゃってモノマネには興味がない。
しかし、世界の名画を陶板で複製した大塚国際美術館にはちょっと興味があった。
複製であっても、タイルでどれくらい再現できるのか、を知りたかったからだ。

天気の良い週末なので、朝から見学客が多い!
カフェが人であふれる前に、ブランチを食べようと思う。

地下2階にあり、モネの池に面したカフェ・ド・ジヴェルニーを選んだ♪
11時前に、鯛めしとムンクどら焼セットを注文。

用意ができるまで、スマホをチェックしようと思ったら、大阪の叔母からメッセージが来ていた。
なんと、来ないで!という内容だ。

ショックで、せっかくの鯛めしが喉を通らない。
なんで、突然こんなことを言い出すのか?

メッセージの内容が、事務的でそっけない・・
気持ちが落ち着くまで、かなり時間がかかった。

モネの池があるテラスに出て電話をするけど、電源を切っている。
これでは、事情を知ることもできない。

何度メールしても返事がないので、あきらめて家へ戻ることに決めた。
それにしても、徳島から帰るのは、遠い。

すでに連日の長距離ドライブで、疲れがたまっている。
15日に倉敷に泊まる予定だったので、キャンセルして、別のホテルを探す。
泊まりたかったホテルは、部屋が空いていない。

日頃、パソコンしか使わないホテルサイトをスマホでやるのは、大変・・
そもそもスマホのセキュリティを信用していないから、不安がある。

美術館のソファに座って、岡山のホテルを検索した。
温泉付ホテルがいいけど、高いのであきらめる。

激しいショックを受けた頭が働かないから、けっこう手間取った!
当日宿泊なので、あまり安くないけど、仕方がない。

駐車場でルート検索すると、倉敷到着は、15時過ぎ。
約140kmのドライブだ。

人生は、何が起こるか分からない・・