台北でやりたいこと!

台北市(台湾語では臺北)は、台湾北部にある中華民国の首都だ。
人口は約260万人。

中華民国という名前は、中国と紛らわしいので、私は慣れ親しんだ台湾という名前で呼ぶことにする。

中国が台湾を国として認めないため、国際的にはむずかしい立場だ。
でも、日本と台湾の関係は昔から悪くない。

第二次世界大戦では、台湾の人たちに大きな迷惑をかけたが、多くの台湾国民は広い心で接してくれる☆
親日的な人が多いので、旅先として快適に過ごせる。

私が住む九州からは、航空便も多い。
キティちゃん号で有名なエバー航空やピンク色の花が印象的な中華航空の飛行機を福岡空港でよく見かける♪
今回は、北九州市に本社を置くスターフライヤーで台北・桃園空港へ飛ぶ。

台北でやりたいこと
・床が透明なゴンドラに乗ってお茶畑を見に行く。
・恋人たちの聖地・漁人碼頭で夕日を見る。
・台北101へ行く。
・故宮博物院見学。
・迪化街(ディーホワジェ)散策。
・衛兵交代式を見る。
・台湾らしいお土産を買う。
・鼎泰豊(ディンタイフォン)の小籠包を食べる。
・天津蔥抓餅(ティェンシンツォンジュアビン)を食べる。
・鹹豆漿(シェンドウジャン)を食べる。
・魯肉飯(ルーローファン)を食べる。
・美味しい水餃子を食べる。

やりたいことのほぼ半分は、食べること♪(笑)

床が透明なゴンドラに乗ってお茶畑を見に行く

台北メトロ文湖線の始発終点駅である動物園駅から猫空(マオコン)ロープウェイに乗る空中散歩♪

猫空には、本場のお茶を堪能できるお茶屋さんやカフェがたくさんある。
高台なので、台北市内を一望できる☆

これから人気が出るに違いないと思う!

恋人たちの聖地・漁人碼頭で夕日を見る

台北メトロ淡水信義線の始発執着駅である淡水駅からバスに乗って行く台北北部の港町!
淡水にはスペイン人が建てた後、英国領事館として使われた紅毛城などの西洋建築物があり、異国情緒を楽しめる☆

台北101へ行く

2004年に完成し、2007年、ドバイのブルジュ・ハリーファに抜かれるまで世界一の高さだったビル。

台湾のランドマーク的な建物で、竹の節のようなデザインが特徴!
91階には屋外展望台もある。

故宮博物院見学

清時代の歴代皇帝が集めた中国の至宝のほぼ90%が、台北の故宮博物院にある。
20世紀に入り、日本軍の攻撃から逃れるため蒋介石が率いる国民政府が美術品を南方へ運んだ。

後に国民政府と中国共産党の戦いが激しくなったため、美術品を台湾へ移動!
これらの美術品が、所蔵品のほとんどを占める。

迪化街(ディーホワジェ)散策

台北で最も古い問屋街で、バロック式の建物が並ぶ美しい街並み☆
昔ながらの問屋とリノベーションで新しく入ったカフェや雑貨店などの対比もおもしろい♪
霞海城隍廟に安置されている月下老人は縁結びの神として絶大な人気を誇る。

台湾らしいお土産を買う

情報収集の結果、永康街(ヨンカンジェ)にある来好という雑貨ショップが良さそう!
仕事の合間なので、1ヶ所で一気に済ませるつもり。

台北へのルート