老親との親子旅のコツ!バリアフリー情報

私が老親との旅をすすめる理由は、こっちの記事を見てほしい。
障がい者や年長者など旅行に不向きとされる人々も、工夫次第で旅を楽しむことができる☆

手配とチェック!
・移動方法について
・宿泊施設について
・観光先について
・飲食店について
・トイレについて

移動と宿泊に関するチェックは比較的かんたんだ!
むずかしいのは、バリアフリー情報。
観光先、飲食店、トイレについて現地の情報を得るのは大変!

これからバリアフリーな旅が当たり前になるよう、もっと情報が増えることを願っている。
世界じゅうの障がい者団体が連携して、情報を公開してくれたらいいと思う♡

私は、時間がある限りネットの情報を探した。
行きたい場所に関するもの、行ってみたい飲食店に関するものなどをひたすら探す!

写真をアップしているものを見て、バリアフリーかどうかチェックするのだ。
残念ながら今のところ、ほかに手段がない・・

トイレの確保

これは年長者が同行の旅では大切なこと!
いろいろな理由でトイレが近い場合や、ガマンできない場合があるからだ。

有名観光施設はともかく、街中でトイレを探すのは大変だ。
移動する前と到着後に必ずトイレへ案内するようにしよう!

残念ながら韓国のトイレ事情は日本から見ると、かなり遅れている。
というか、日本ほど快適で清潔なトイレがある国は、ないかもしれない・・

韓国では最近やっと、空港のトイレから使用済みトイレットペーパー入れの大きなボックスが消えたばかりだ!

韓国でのトイレ利用法
・個室へ入ったら、まずトイレットペーパー入れボックスを確認すること
・ボックスがある場合は、使用済みペーパーをトイレへ流してはいけない!
・個室にペーパーがない時は、トイレの出入口付近に置いてあることが多い

数年前までは、トイレにペーパーを流せないのが当たり前だった。
初めて、使用済みペーパーを入れるためのボックスを見た時は衝撃的だった!

有名観光地のトイレは、わりと整備されているので大丈夫(だと思う・・)。
困るのは、飲食店のトイレ・・

店はキレイでも、トイレは古風だったり、別棟まで行くような場合がある。
掃除が行き届いてないこともあるので、ウェットティッシュは必ず持ち歩こう。

事前準備をきちんとやれば、老親との旅がラクで楽しいものになる♪