チョコ餅パイを探して・・

釜山大学周辺を見学し、カフェを見つける前に駅へ戻ってしまったので、地下鉄で移動。
ワダッチの家の傍にある小さなカフェで過ごした。
まさに観光客などいないジモティのための場所♪

詞子は最初、ミルクティを注文したが、私が悩みに悩んで決めたイチゴヨーグルトスムージーに変更。
ワダッチは「アメリカノを頼んでほしい」と言って、外のトイレへ行った。

残念ながら、店主は最初の言葉を記憶していたようで、出て来たのはミルクティだった・・
こういうところが、韓国らしい!(笑)

でも、優しい詞子は、取り換えてほしい!と文句を言ったりしない。
「ミルクティは、失敗だった・・」と言いながら飲んでいる。

釜山大学の近くで買ったオランダというお菓子を出して、みんなで食べた。
詞子が大好きだと言うお菓子だ♪

日本だったら、よそで買ったお菓子を店内で食べるなんてあり得ないけど、韓国では気にしなくてもいいそうだ。
包みを開けて食べたら「ん?何だこれは?」・・

フニャっとした食感が意外!
こういう食感が苦手な私は残りを全部、詞子に渡した。

今回の旅では、妹にチョコ餅パイを買ってほしいと頼まれたので、あちこち探している。
しかし、いまだに見つからない。
それを知った2人は、近所にあるマート2軒に寄ってみたら?と提案してくれた。

博識なワダッチと詞子との会話が楽しくて、時間が経つのも忘れていたが、気づいたら17時!
不自由な身で、1日付き合ってくれたワダッチには大変な思いをさせてしまった・・

買い物をして家に戻るワダッチといっしょに1軒のマートへ行ったが、やはりチョコ餅パイは、なかった。
アイスを買ったので、見せてもらう♪

ホテルの冷蔵庫には冷凍庫がないので、なかなかアイスを買うチャンスがない。
こうやって、韓国の日常を見ることができるのも2人のおかげだ♡

お礼を言ってワダッチと別れ、詞子といっしょに近くの駅へ戻る途中、コンビニと別のマートに寄った。
かなり大きなマートだったが、山積みされたロッテのチョコ餅パイしかない。

ロッテのチョコ餅パイを置いてある店には、競合する別メーカーの商品を置かないのかもしれない・・
何といっても、韓国ではロッテのチカラが大きい!

私は1人でチャガルチにある農協ハナロマートや国際市場も探してみたが、ダメだった。
観光案内所で近くにあるマートを尋ねた時、スタッフと偶然居合わせた警察官は「こんなお菓子は見たことがない」と言う。

一方で、知っている人は「どこにでもあるはずだけど・・」と軽くかわす。
どうにも不思議だ!
このチョコ餅パイは、どこにあるんだろう?

釜山で売っている店を知っている人がいたら、ぜひ教えてほしい♡