ブレコンビーコンズへの旅

私は、旅行が大好き!
でも、人と一緒はイヤ・・

理由は簡単!
自由な旅が好きだからだ。
これまで他人と旅行したのは、数えるほどしかない。

フラットメイトのパウラが、私の年末年始ドライブ旅行の話を聞いて、「一緒に旅行をしよう!」と言い出した。

まだまだ時間があるし、少し暖かくなってから行こうね♪と話していたが、あっという間に2月になった。

北ウェールズへ行きたいという希望だったが、調べると片道3時間以上かかる。
1泊2日では、移動だけになる。
そこで、近場のブレコンビーコンズを提案♪

パウラは、「まだ、どこにも行っていないから、どこでもいいよ!」と納得してくれた。
これまでずっと仲良くして来た彼女に何もお返しできないから、せめて楽しい思い出を持って帰ってもらいたい♡

日程は、3月9日、10日の土日に決定!
私が見つけたホテルをチェックしてもらい、予約は任せた。
彼女もBooking.comを利用しているので、2部屋予約すればポイントが溜まるから☆

最初からの約束で、割高になっても部屋は別々に取る。
パウラも旅が大好きだけど、寝室は別がいいというタイプだったので良かった☆

旅の計画を立てるコツ
・交通機関の予約とホテルの予約を同時に行う。
・現地での交通機関をチェック。
・旅のスケジュールは、2本立てにする。

交通機関の予約とホテルの予約を同時に行う

理由は、どちらもいちばん安い値段の時を狙って予約するためだ。
どちらかを先に予約してしまうと、残った方が高値でも妥協しなければならなくなる。
交通機関を確保して、キャンセル料無料のホテルを予約するのがいちばんいい!

現地での交通機関のチェック

地図で見ると、大した距離じゃなくても、交通機関がない場合や1日数本ということもある。
チェックは大切!

旅のスケジュールを2本立てにする

理由は、天候を考えてのことだ。
旅は、晴れの日ばかりじゃない。
雨天時に利用する屋内施設もチェックしておくと、旅が充実する。

私はロンドンへの旅から戻ると、すぐ旅の計画を立てはじめ、レンタカーを予約した。
レンタカーは、年末年始に借りた韓国車がとても乗りやすかったので、現代自動車で申し込んだ。
年末年始に借りた時に比べるとかなり値段が高いけど、ホリデーシーズンだから仕方ないだろう。

ウェールズの春は、天気が落ち着かない。
前日の金曜日は、大雨だった。
雨具を用意し、山岳地帯なので寒いだろうから、貼るカイロも持って行くことにした。

レンタカー会社までは、Uberで移動。
日本にいる時は、自分がUberを使うなんて思いもしなかった。
私は、こう見えて、新しいものへの警戒感が強い。

素人が運転する車に乗るなんてあり得ない!と思っていた。
ところが、カーディフへ来たら留学生たちはみんな、里帰りや旅行で大きなスーツケースを持っている時、迷わずUberを使っていた。

クリスマスホリデーでイタリアへ帰国する時、初めてUberを利用したパウラが「すごく良かったよ!」と言うので、試してみることにしたのだ。
料金は、およそタクシーの6割くらいだと思う。

レンタカー会社が用意してくれたのは、韓国車だけど現代自動車のハイブリッドカーじゃなくて、KIAのガソリン車だった。

でも、大きさは充分!
しかも新車だった・・
つまり傷を付けたら、言い逃れできないということだ!

ナビ付きだったが、使えないナビで役に立たない。
パウラのスマホでルート検索して、ナビゲーターになってもらうことにした♪

最初は、マーサーティドビルにある城へ行こうと思っていた。
あまり古くない城だけど、絵画や家具を飾っているので、雨の日の見学にはいい☆

幸い移動中に、空が明るくなり晴れて来た!
そこで、マーサーティドビルを通過して、ブレコンビーコンズへ向かうことにした。


ブレコンビーコンズ国立公園の湖

前回、学校のツアーで滝を見に来た時は、周辺の景色が全く見えなかったのに、今日は遠くまでキレイに見える!

途中でステキな風景を見つける度に、ちょこちょこ停まって写真を撮るので、なかなか先へ進まない。

朝食を軽くしか食べないパウラは、お腹が減ったと言ってチョコレートをもぐもぐ食べているのが可愛い♪

ブレコンの町に到着した時は、昼をかなり回っていた。
まず、インフォメーションを探しに、大きな駐車場へ。

偶然、停めたところはスーパーの駐車場で、料金がかからなかった!

すぐ傍にある町のインフォメーションには、年配の女性が2人いた。
パウラは、彼女たちが話すスピードでも聞き取れるのでスゴイ!
私は、パンフレットを見ていた。

「何日くらい滞在するの?」と訊かれて、「1泊だけ、今はカーディフにいるから」とパウラが答えると、「じゃあ、今度また、ゆっくり来てね!」と言う。

今夜、泊まる宿の名前を言うと、「あぁ、あそこね!」と知っていたので、ちょっと安心♡
これまでの経験上、案内所の人が知っている宿はハズレが少ない。

町の見どころを訊くと、「マーケットから城壁を見て、カテドラルまで行ってから、戻って来るといいわよ!」と教えてくれ、無料の地図をくれた。

ブレコンへのルート