マグロステーキ 浜茶屋 津久見

ふらっと中津へ1泊2日のドライブ旅♪
2日目は、10時少し前にホテルをチェックアウト。

【関連記事】
ホテルルートイン中津駅前

今日は、中津の友だち・きよさんと彼の同級生・藤田さんと3人で津久見へ河津桜を見に行く。
待ち合わせ場所で、藤田さんの車に乗せてもらい、きよさんの家へ向かった。

人が運転する車には、ほとんど乗らない私だけど、藤田さんは車のプロだから安心☆
しかも日産CIMAなので、広くて快適♪

きよさんに助手席を譲って、後部座席へ移動。
新しくできた広い立派な道路を少し走るとすぐ、有料道路へ入る。

この道路は、東九州自動車道じゃなさそう。
中津ICで東九州自動車道に合流して、津久見をめざす♪

別府SAの手前で、ちょうど山焼きをしていた。
間近に見るチャンスは少ないので、急いで写す♪
子どもの頃から毎年、春に大分を訪れているけど、山焼きを見るのは初めて♡

中津から津久見までのルートは、北九州から中津より遠い!
高速道路を使うから、1時間30分くらいで到着できる☆

きよさんは、海鮮丼を食べたいようだ。
でも、「海鮮丼は、どこでも食べられる!マグロステーキが美味しい!と言う藤田さんに負けた。
私も、サーモンが入っているかもしれない海鮮丼より、マグロステーキの方が魅力的♡

浜茶屋は、角地にあり広い駐車場を持っている。
すでに、外のイスで人が待っていた。
COVID-19対策で席を空けてあるため、あまり入れないようだ。

名前を書いて、外で待つ。
玄関の中は寒いので、外の方が日が当たって暖かい☆

少し待って、名前を呼ばれた。
畳の部屋のイス席だ。

マグロステーキは、ソースの種類がいくつかある。
チーズが美味しそうだったのに、チーズがないから数種類は全部ダメだという!
チーズくらい多めに買っておけばいいのに・・

藤田さんはしょうゆ味、きよさんと私は、カボス・しょうゆのハーフにした。
別注文のマグロ3種盛りが先に運ばれる。

写真を撮る私のために、皿の向きを変えてくれる優しい2人♡

大トロ、中トロ、赤身は、どれもとろけるような食感♪
筋っぽいところが全くない。

津久見といえば、ミカンだと思っていた。
マグロ船の基地があるとは、知らなかった!

ステーキ定食は、ご飯、吸い物、はるさめ風の酢もの、野菜サラダ、漬物が付く。
四角い鉄板に大量のモヤシとマグロが乗ったものは、かなりソースが飛び散る!
衣類防護のため、大きな紙ナプキンを先に配るんだろう・・

カボス味のステーキから食べたけど、結果としてはしょうゆ味が正解☆
最後まで美味しく食べられるように計算して、マグロに火を通している。

さらに美味しいと思うのが、付け合わせのモヤシ♡
ふつうのモヤシより細くて水分が少ない分、シャキシャキして水っぽくない。
津久見で売っているモヤシなんだろうか?

後から来た老夫婦2組の注文品が運ばれた時は、驚いた!
何と、ステーキと海鮮丼の組み合わせだ。

藤田さんときよさんの後ろに座っているから、彼らには見えない。
私が話すと、藤田さんが「その手があったか!」と感心している♪
今度来たら、自分も単品ステーキと海鮮丼にすると言っていた。

お腹いっぱいになったので、いよいよ目的である河津桜を見に行く!

店舗情報
名前 浜茶屋
住所 大分県津久見市千怒6029-1

浜茶屋へのルート