うみてらす豊前 豊築丸の浜焼き小屋

東九州自動車道が宮崎市まで全線開通する以前は、大分市へ行くのに時間がかかった。
北九州から大分県速見までは、とちゅうに利用価値のない短い有料道路があるだけ・・

最高速度が70km/hで、片道1車線という低規格なのに、400円も取っていた!
ノロマがいたら精神衛生上よくないから、ほとんど利用していない。

この有料道路の南側に道の駅・豊前おこしかけがある。
新鮮な海産物や農産物、お弁当など商品開発に熱心なので、大分へ行く時は、必ず寄っていた♪

2016年に宮崎市まで道路が開通すると、豊前おこしかけの客が減ってしまう、と地元では危機感を持っていたようだ。

集客のため、豊前市が新たにつくったのが、うみてらす豊前
私は、一度も行ったことがなかった。

友だちのきよさんに誘われて、豊前市のJR宇島駅で待ち合わせ♪
駅から、数分の距離にあるうみてらす豊前の駐車場は、ほぼ満車!

福岡県は、いちおう緊急事態宣言が出ているけどね・・(笑)
美味しいものが好きな人は、私と同じく胃袋と経済復興優先なんだろう♪

2階に海鮮料理の店があるけど、きよさんは迷わず産直市場がある1階へ。
生きた魚も売っている!

大量のナマコに、ちょっと怯んだ。
ナマコを最初に食べた人って、すごく勇気があると思う・・

私は、売場を見て回った。
COVID-19で客が少ないせいか、すでに売り切れたのか、ほとんど魚がいない。

レジで支払いを済ませたら、買った牡蠣を持って、近くの小屋へ移動♪
冬季限定の浜焼き小屋で食べるつもりらしい。

そりゃ、目の前で焼いて食べるのが、いちばん美味しい食べ方だろう☆
でも、牡蠣は爆発するから怖い!
小屋には、暖房もないし・・

アルコール類は酒、ビール、ワインなどが揃っているけど、温かい飲み物がない。
COVID-19対策で仕切りをして席数を減らした小屋には、数組の客。
だけど、週末は待ち時間が出るほど人気だという!

仕切り板に貼られたサイドメニュー表。
魅力的な品がたくさんあるけど、たくさん食べられないからなぁ・・

牡蠣に合うワインというポスターを見つけた私が、ボトル買いを勧めた。
ボトルなら、好きなだけ飲んで持って帰ることができる♪

きよさんが、海老ときのこのアヒージョを追加注文。
ワインに合いそうだもんねぇ♪

写真のワイングラス型コップは、私のお茶。
ちょうど自販機が壊れて、『ぬるいお茶』があったから、スタッフのススメで買った。(笑)
温かい飲み物を売ってくれたら、もっとうれしい♡

アヒージョは、アルミの器に生エビ、しめじ、ブロッコリーが入っている!
網の上に置いて焼くんだね?
説明は、何もないけど・・

小さな海老やブロッコリーは地元のものらしい。
ちょっと塩辛いけど、美味しかった!

私は、殻付きの牡蠣をあまり食べたことがないから、焼けたら自然に口を開くものだと思っていた!

ところが、必ずしも口が開くとは限らないそうだ。
ずっと待っていたら、焼きすぎてしまうらしい。

これまで一度も牡蠣にあたったことがないので、生でも平気♪
少し開いた殻をこじ開けて、セッセと食べる。
ポン酢やしょうゆを用意してあるけど、そのままが美味しい♡

豊前の牡蠣は、広島ほど大きくないので、食べやすい☆
途中で牡蠣が爆発してエキスが飛び散ったが、不燃紙製のエプロンを着けていたので良かった!
エプロンがなかったら、コートを洗えず大変なことになったと思う。

牡蠣の身の写真がないのは、殻を開けるのに必死だったし、手が汚れるからだろう・・(苦笑)

駐車場の出入口近くに何故か、オスのヤギが一頭いた。
人懐っこい性格で、写真を撮ろうとすると寄って来る♪
ひとりぼっちで寂しいんだろう・・

店舗情報
名前 うみてらす豊前
住所 福岡県豊前市宇島76-31

うみてらす豊前へのルート