思いがけないソウル土産

棚からぼた餅ソウル旅も、いよいよ最終日・・
8時に待ち合わせて昨夜、見つけた店へ。

きよさんが食べたいと言っていた店は、開店時間が10時からなので、うどん店に変更!

キムチやタンムジ(韓国風たくあん)は、セルフサービスだ。
彼はあさりうどん、私はオデン入りうどんにした。

韓国のオデンは、練り物の総称で鍋物の名前ではない。
幸い、時間が充分あるので、帰りにキムパッを買って帰ることにした。

私はチーズキムパッ、きよさんはふつうのキムパッを選び、別々に包んでもらった。
家へ帰り着くのが夕方になるので、夕食に食べるつもり♪

韓国・味の思い出♡
キムパッは、日本の海苔巻きに比べると安くて美味しい☆
チーズキムパッは、10年以上前に韓国でタクシー運転手に教えてもらった味だ♪
インチョン空港へ向かう途中、「美味しいキムパッを買いたい!」とリクエストしたら、寄ってくれたのだ。
食べる前は、海苔巻きにチーズなんて・・と思っていたが、食べてみるとホントに美味しかった!!
運転手さんが連れて行ってくれた店はチェーン店ではなく、地元の人に愛される個人経営の店だった。

ホテルへ戻る途中、土産を買うため食品を扱う小さな土産屋に寄った。
ハニーバターアーモンドとチョコ餅パイを2つ買って部屋に戻る。
どっちも、自分が好きなお菓子だ♪

ハニーバターアーモンドは、その名の通りハニーバターでコーティングされたアーモンドなので美味しくてやめられない!
大きな袋で買うと大変なことになるので、小袋が10個入ったものを買う。

チョコ餅パイは、ロッテのチョコパイではなく、サムジンという会社の製品。
餅の中にピーナツクリームが入っていて、ずっしりした食感だ!
甘さ控えめなのが韓国風♪

ホントは、仁寺洞のビジュンで伝統餅菓子を買いたかった♡
土産を詰めるのは、スーツケースがスカスカなので全然、困らない。

9時30分にタクシーを予約していたので、20分ころチェックアウト。
カードキーを返すだけだ。
1Fへ降りると、すでにドライバーが来ていた。

今朝も、しつこく雨が降っている!
ふつうのタクシーを予約したのに、ジャンボタクシーだ。
定額料金なので、心配はしないけど・・

インチョン空港第1ターミナルだと、きちんと伝える。
以前は、インチョンか金浦かを伝えれば良かったのに、今はターミナルも伝えないといけない。
運転手は、丁寧な運転だった。

インチョン空港でも、きよさんは自動チェックイン機へ。
私は、ひとりで行列へ並ぶ。

スーツケースを預け、傍のイスで5分待つ。
チェックインで荷物を預けた場合、機械を通すまでの5分間をカウンター近くで待機することにインチョン空港は厳格だ。

出国手続きは、行列が長い・・
それでも前回、ジンエアーで来た時よりはマシ!
あの時は、出国手続きに恐ろしく時間がかかり、ゲートへ到着できたのは搭乗15分前だった。

私の後ろにいる、せっかちなアジア系の男性が、バラバラに並んでいる知り合いに、あっちへ並べ!こっちへ来い!と何度も指図している。
どの列に並んでも最終的には大差ないのに、せっかちな声を聞くだけでイライラする!

制限区域に入った後は、カフェでゆっくり過ごそうと思ったが、きよさんが免税店へ寄ると言うので待つ・・
やっぱり、チャンジャを買うようだ。

ふりかけを買ったEマート系のスーパーには、チャンジャがなかったから・・
免税店の品は、市内の2~3倍するだろうに!

 

カフェの場所をインフォメーションで訊いたが、かなり先端まで行かないといけなかった。
空港って、長時間滞在しなければならないのに、ゆっくり過ごせる場所が少ないのは何故だろう?
私みたいにゆっくり過ごしたい人が少ないということか?

イタリアンレストランのコーヒーなので、濃くてタップリ!
大きな窓からは、シンガポールエアラインの大型機が見えて気持ちがいい♪

12時台だからか、帰国便も小さなプルコギ丼が出た。
アシアナ航空は機内食にチカラをいれているようだ☆

復路はモニター付きだったので、韓国映画を見ていたのに盛り上がったところで着陸態勢になってしまった!
残念・・

家に戻って、2泊3日のソウル旅の余韻を楽しむために買ったキムパッを食べた。
ところが、3時間も経たないうちに体調の異変を感じた!

生のカニを食べても大丈夫だったのに、まさかキムパッが当たるとは・・
とんだ土産を持って帰ってしまったけど、全然こりていない私。

次の韓国旅行では、何を食べようか?