帰国日は真夜中に起床!

ソウル旅4日目、せっかく20時過ぎに寝たのに、21時過ぎに部屋の電話が鳴った。
フロントから明日のタクシーの確認だったが、睡眠薬が効いていたので、何を訊かれたのか、何と答えたのかよく覚えていない・・

その後もマナーモードの設定を忘れてスマホが鳴ったり、目が覚めたりで全然、熟睡できなかった。

2時20分に起床!
冷蔵庫に残ったオレンジジュースを飲んで、眠気覚まし用のコーヒーを準備する。

化粧はできるだけ簡単に済ませたが、やはりパッキングに時間がかかる。
出発予定の30分前にフロントに下りた。

チェックイン時にカード決済しているので、カードキーを返却して終わり。
数分後、運転手がやってきた。
英語を話せるヘチタクシーだった☆

車が少なく快適に走れるのはいいけど、韓国のタクシーって、なぜスムーズに前進しないのだろうか?

加速減速を繰り返すので、乗り心地が悪いし気分も悪くなる。
車の構造に問題があるのか、韓国人の運転に問題があるのか?

途中、高速道路では120km/hオーバーで走って、4時30分には空港へ到着した。
前回より行列も少ないので、30分くらいでチェックインが済んだ。

1Fへ下りてSKテレコムで、Wi-Fiを返却。
ここまでは、本当に順調だった☆

が、出国手続きが最悪!!!
ゲートが1つしか開いてないので、全出国者が殺到して、収拾がつかない混乱状態。
しかもこういう時、必ずズルして少しでも前に割り込もうとするヤツが出る!

手荷物検査に並んでいる時、韓国人アジョシ(おじさん)がキレて、大声で割り込みに抗議。
検査は、いい加減なのか機械が優秀なのか分からないが、液体物やスマホ、鍵などを分ける必要がない。

出国審査は、各列5,6人待ちで割とスムーズだったが、ゲートがメインターミナルじゃないと判明!
コンコースという別棟なので、連絡鉄道に乗らなければならない。

制限区域に入った多くの乗客たちがガランとしたターミナル内を走り出す!
連絡鉄道へ下りるエスカレーターでも走っている人がたくさんいた。
航空会社のスタッフが各方面への案内板を持って、遅れている乗客を探している。

スカイハブラウンジでの優雅な朝食は、幻となった。
コンコースにたどり着いた時は、すでに締め切り時間20分前!

コンコースにもスカイハブラウンジがあるのを発見♪
喜んでエスカレーターを上がって行ったが、7時からの営業だ。
心の中で100万回悪態をつきながら歩く。

パリバゲットというベーカリーショップを見つけたので、ハムチーズバゲットとアイスアメリカノを注文。
頼めばパンを焼いてくれるようなので、ちょっと待つ。

熱々のバゲットとアイスコーヒーを持って、ゲートへ急ぐ!
めざすは、コンコースのいちばん端っこだ。

動く歩道を乗り継ぎながら、ひたすら前方へ。
イスに座って朝食を写真に収めたところで、タイムアップ!

すこし明るくなってきたインチョン空港

すぐ、搭乗開始!
こんなギリギリのタイミングで搭乗ゲートへ着いたのは、初めてだ。

機内の席に座って、すぐにバゲットを食べ始める。
バゲットサンドは、わりと美味しかった☆
広いインチョン空港内を走り回ったので、アイスコーヒーにして良かった♡

行きは搭乗客が少なかったが戻りは、ほぼ満席。
インチョン空港を早朝出発する便は、二度と使いたくない!

北九州空港へ着陸する直前に見た不思議な太陽の光☆