エクセター 街歩き

トーキー滞在5日目は朝から雨なので、エクセターの博物館へ。
たっぷり見学してお腹が減ったので、ロイヤルアルバート記念博物館を出た。
レストランを探しながら通りを歩いていると、人が倒れていた!

大勢の人が通っているのに、遠巻きに見ているだけ・・
近寄ってみたら、おばあちゃんが座り込んでいる。

男性が身体を支えるようにして、顔にティッシュを当てていた。
どうやら顔を怪我したらしい!
傍に車が停まっているから、はねられたんだろう。

ドライバーらしい女性がヒステリックに叫んでいるのを、家族か友人がなだめていた。
わめく前におばあちゃんの心配をしろよ!と言ってやりたい!

私にできることは何かないか?と見ると、男性が使っているティッシュがなくなっていた。
すぐ新しいのを2つバッグから出し、包装を破ってから男性に渡した。
「ありがとう!」と言いながら、数枚を鼻に当てる。

英国のティッシュは硬いから傷が痛いだろうけど、日本のティッシュなら柔らかくていいと思う☆
英国のトイレはティッシュがない所もあるので、いつも2つ持ち歩いているのが良かった!

おばあちゃんのツレらしいおじいちゃんが、不安そうに見ているのが可哀想・・
傍のカフェから、おじいちゃんのためにイスを持って来た女性スタッフがいた。
優しい人がいて良かった♡

気になるけど、まもなく救急車が来るだろうから、私は大聖堂をめざして歩き出した。

 

すると、向こうの通りをバグパイプの一団が歩いて行くのが見えた!
これを逃してなるものか!と走る。

すでにスコットランド風衣装の一団は先の方を歩いていて、後ろにボーイスカウトみたいな一団が続々と続いている。
集団ごとに衣装が違うから、別の団なんだろう。

私は人をかき分けるようにして前方へ急ぐ。(決して人を押しのけるワケじゃない・・)
やっと追いついた!と思ったら、一団は左折してしまった。

ええ~っ!と思ってそっちを見ると、大聖堂が見える!
どうやら一団は、大聖堂に向かっていたようだ。

またまた人をかき分けて、左の路地へ入る。
幸い曲がってすぐ右手に楽隊だけが入り、そこに並んだ。

子どもたちは、まっすぐ大聖堂の方へ進んでいく。
私は、楽隊を写すことに専念した。

せっかくのバグパイプなので動画にした。
太鼓は女性だ。

隊長らしき指揮官は、威厳がある☆
行進する子どもたちのために、演奏しているようだ。

4曲目は、有名なバグパイプの名曲 SCOTLAND THE BRAVE だ☆
残念ながら、私はかなり離れたところで大聖堂を写していた。

この調子じゃ、今日は大聖堂内部を見学できないだろうから・・
外観だけでも写しておきたい♪

子どもたちのうち、旗手だけが大聖堂へ続く道に沿って並ばされていた。

旗手といっしょに行こうとする子どもは「こっちへ並ぶのは旗手だけだ!きみたちはまっすぐ前に行きなさい!」と注意されている。

各団にはそれぞれ、大人が付き添っている.
厳しい指導者は、子どもたちがキョロキョロしたり、適正な距離を保たずに歩いていると注意している。
放任主義の指導者が付いているグループは、てんでバラバラに歩いて行く♪

小雨が降って来たので、戻ることにした。
さっきは楽隊を追いかけるのに必死で周りを見ていなかったけど、通りにはチェスターみたいな白黒の建物がたくさんある!

写真を撮りながら歩いていると、私の左側で立ち止まるカップルがいた。
「すみません・・」と謝ると、「いいのよ!あなたが写真を撮っているのを見ていたんだから」と笑って通り過ぎて行く。

何とも余裕のある人たちだ。
うらやましい♡

これからは私も観光客が写真を撮っていたら、邪魔だと思わないようにしよう!
ただし、いつまでもポーズを取って自撮りするのは許さない。

遠目にキレイな建物があったので近寄ると、ローラ・アシュレイの店だった!
半年間の滞在で初めて見た。

最高60%引きらしいけど、どうせいいものはないんだろう・・と思いつつ入る。
やっぱり、ほしいものはなかった。
昔みたいに質の良いコットンプリントやコットンニットの製品はない!

大きなTESCOとM&Sが並んでいる。

駐車場に向かっていたら、救急車とパトカーが到着していた。
おばあちゃんは大丈夫かな?

すっかり遅くなったけど、お腹が空いたのでイタリアンレストランへ入った。
イタリア人は日曜日はゆっくりするので、こんな時間でもけっこう客がいる!

しばらく待っていたが、スタッフがなかなかメニューを持って来ない・・
私が合図するのに気づいた責任者らしい男性が「あそこで呼んでいるぞ!」と女性スタッフに言うと、慌ててメニューを持って来た。

「ごめんなさい!メニューを渡すのを忘れていました」と言う。
すなおに謝るから、気にしない。
忙しい時は、誰でも集中力がなくなることがある・・

ムール貝があった♪
これとパスタだと多過ぎるので、前菜2品にしたい♡
スタッフに「前菜2つでも、いい?」と確認したら、OKだった。

もう1つは、カラマリ♪
イタリアンの店じゃないと、イカを食べられないのが英国だ。

カラマリは、どこも同じ感じだ。
ロール状にしたイカフライとマヨネーズ風ソースとレモンが添えてある。

ムール貝は、トレマドクのレストランとは大違いで少ししか入っていない。
パンもあまり美味しくなかった。

それでも海産物を食べられて良かった☆
肉は食べたくない・・

特にチキンは食べたくない!
『フランス人は、チキンばかり食べている』という風刺画を見たことがあるけど、英国人もチキンばかり食べている・・

夕食用に何か買おうと思ってM&Sに寄ってみたけど、レンジなしで食べられるのは、サンドイッチか冷たいパスタサラダ、寿司もどきしかないのでやめた。
大好きなフルーツの詰め合わせがあるからほしいけど、今日買ってもねぇ・・

宿の朝食には、美味しいフルーツが揃っている☆

駐車場に戻ると、£6,6も取られた!
高いなぁ・・おまけにレシートが出て来ない。

駐車場を出る前にルートを検索し、セットしてから出発。
この作業にやっと慣れて来た☆

エクセターは、思った以上に見どころが多いステキなところだった☆

エクセターの街は、それほど大きくないので少し走ると川を渡り、すぐ田舎道になる。
そのかわり、街はずれには大型のスーパーがたくさんある!

エクセター大聖堂へのルート