全羅南道でやりたいこと!

2018年は、1月のソウル旅、2月の大阪旅、3月の台北旅で始まった。
そして、6月に韓国の務安(ムアン)へ行くことが決定!
務安がある全羅南道について調べていると、やりたいことがいろいろ見つかった。

やりたいこと
・潭陽(タミャン)にある伝統庭園・瀟灑園(ソセウォン)を見たい。
・竹林を利用したいやしの空間・竹緑苑(チュンノグォン)へ行きたい。
・谷城(コクソン)での汽車体験をしたい。
・木浦(モッポ)の儒達山(ユダルサン)、奇岩・カッパウィを見たい。
・日本人女性が活動した木浦の孤児院・共生園を訪問したい。
・日本家屋が残る木浦の街並みを見たい。
・務安にある回山白蓮池(フェサンペクリョンジ)へ行きたい。
・務安生態干潟センターを見たい。
・光州広域市にある楊林(ヤンリム)近代歴史文化村を見たい。
・民主化運動関連の地へ行きたい。

瀟灑園(ソセウォン)

1519年、朝鮮時代中期の学者・梁山甫(ヤン・サンボ)が、つくった伝統的庭園。

竹緑苑(チュンノグォン)

潭陽(タミャン)の名産品である竹林を利用した、いやしの空間。

谷城(コクソン)での汽車体験

観光用に整備された蒸気機関車の旅を体験できる。

儒達山(ユダルサン)

韓国南西部にある港町・木浦の代表的観光地。
標高は200mちょっとだけど、海に突き出すような場所にあるので見晴らしがいい!

カッパウィ

冠を被った岩という意味のカッパウィは、悲しい伝説を持っている。

共生園

日本統治時代から韓国人の夫とともに孤児たちを世話して、一生を過ごした田内千鶴子。
その子孫が今でも経営する児童施設。

日本家屋が残る街並み

日本統治時代は、8,000人を超える日本人が暮らした港町・木浦。
今でも、多くの日本家屋や近代建築物が残っている。

回山白蓮池(フェサンペクリョンジ)

務安にある東洋一の大きさを誇る蓮池。
毎年、夏に蓮まつりも開かれている。

務安生態干潟センター

干潟の重要性を学べる韓国最大の自然生態学習場。

楊林(ヤンリム)近代歴史文化村

光州広域市で最初に西洋式近代建造物が造られた地域。
伝統家屋である韓屋との調和や、住民と芸術家のコラボによるアート村を体験できる。

民主化運動関連の地

1980年5月18日~27日、光州市を中心として起きた民衆蜂起が光州事件。
学生から始まった民主化運動が市民にも広がり、150人以上が亡くなっている。
今でも、全容が解明されていない。

食べたいもの
・務安名物・藁焼き豚肉
・木浦・務安名物の手長だこ
・光州名物・トッカルビ

藁焼き豚肉

藁を焼いて作る焼肉は香ばしい匂いで、美味しい。
務安の豚肉は、質の良さで有名♪

手長だこ

韓国では、栄養食と呼ばれる手長だこ。
中でも、木浦や務安のたこは美味しい!

トッカルビ

トッカルビは、韓国風ハンバーグ。
光州広域市・松汀里(ソンジョンリ)で1955年頃から食べられている名物料理。