ワインバー 中津

四国を回って、山陽道を戻る5日間の旅♪
5日目は、倉敷の美観地区を見学して、家へ戻るつもりだった。

ところが、広島の宮島サービスエリアで、友だち・きよさんからのLINEを見た。
大阪行きがダメになった私に同情して、中津へ遊びに来るよう誘ってくれたのだ♪

ふだんなら急な宿泊なんてムリだけど、お泊り荷物は、揃っている!
ついでに中津まで足を伸ばすことにした。

【関連記事】
たっとり屋 中津
歌謡パブ南風 中津

今夜のきよさんは絶好調なのか、3軒目をめざすと言う。
友人・藤田さんと3人で歩いて、地元の神社へ入る。

何だか、罰当たりな気持ちになるけど、2人は全然、気にしていない。
ワインバー・バルバルは、神社の奥にあった。

店内のようす

先に入った2人に歓声が上がったので、ビックリ!
どうやら、2人がよく行く店のスタッフたちが、忘年会の二次会をやっていたようだ。

店主は、小柄な女性。
入るなり、いきなり盛り上がってワーワーやり出したので、注文を待っている。

きよさんが女性たちにワインボトルをプレゼントしたので、大喜び♪
一方、私たちへとっておきのワインを開けてくれた店主は、2つが混ざらないように気を使っていた。

女性グループから返杯された白ワインと、店主おススメのとっておきワインは、色が違う!
私は、おススメワインしか飲んでいないけど、飲みやすくて丸い味だった。

少し金色っぽい白ワインだ。
フランスのワインらしい。

ワインを飲むのは、久しぶりだし、フランス製は初めて。
ずっと気になっていたのは、目の前にある『ひがた美人あります』という文字。

生牡蠣は、すでに胃袋へ入った後・・(笑)

何かと思ったら、中津で採れる生牡蠣のブランドだった!
ふつう、牡蠣は海の中に吊るして育てるが、ひがた美人は、その名の通り干潟でつくる牡蠣。

出荷前に24時間の消毒をするので、今日、注文し翌日、届けてもらうことができない。
きよさんと藤田さんが同時に説明するから、よけい分かりにくい・・

すでに、お腹いっぱいなので、1人3粒ずつ。
小ぶりだけど、プリプリで美味しい☆

白ワインと楽しむ生牡蠣は、いいものだ♪
スパークリングワインの方が好きかも・・

おいさんとおばさん3人が、元気いっぱいに深夜の中津を徘徊♪
さらに、もう1軒のワインバーに向かった。

まだ若いマスターが、1人でミュージックビデオを見ていた。
ここでも、白ワインを飲みながら、4人でしゃべる♪
何かを注文したようで、オーブンへ入れている。

出てきたのは、ひとくちサイズのパイ生地にベーコンを乗せたもの。
胡椒がアクセントで、サッパリしているけど美味しい!

前のワインバーで、女性ばかり5、6人で飲んでいたのは、イタリアンレストランのスタッフだと知った。
ここのマスターも知っているようだ。

みんなが、料理を褒めまくる☆
「でも、連れて行ってくれないよね・・」と言うと、明日のランチをごちそうすると約束。

藤田さんを誘ったら、忙しいからダメと断わられた。
店のオーナーも「月曜日だけは、子どもの送迎があるからダメ!」と断る。

後から若い男女が数人でやってきた。
入るなり「おとなしく飲むから・・」と言うのが、おもしろい。
過去に、大騒ぎしたことがあるんだろうか?

ここで飲んだのは、イタリアのシチリア産ワイン。

COVID-19のせいで、海外旅行ができなくてがっかりだけど、近くにこんなステキなところがあると分かって幸せ♡
もう、すっかり中津のとりこになった!

店舗情報
名前 バルバル
住所 大分県中津市島田三ツ九分836-6

バルバルへのルート