ヤマメ料理 渓流の味たなべ

久住(くじゅう)ドライブ旅2日目。
天気予報は、みごとにハズレて、朝から雨!
今日は、くもりの予報だったのに。

完全にやる気が失せてしまった。
昨日、がんばって久住へ行って良かった☆

どこにも行きたくないけど、美味しいものは食べたい♡
九重(ここのえ)町のヤマメ料理店・たなべへ出かけることにした。
事前にルート保存しておいたので、グーグルマップが提示する道を走る。

せっかくの絶景も雨のせいで何も見えない!
特に別府から湯布院にかけては白い世界で、すぐ傍に見えるはずの由布岳が全く見えない。

やまなみハイウェイから九重の夢吊橋方向へ。
初めて遠目に吊橋を見た。

ところが、道路に警告版がある。
この先で通行止めになっているようだ。

『桂茶屋までは、行けます』と書いてあるが、目的の店がその先にあるのか手前にあるのか分からない。
行けるところまで行ってみよう!と進む。

九重町に入った頃から雨がほとんど止んで、美しい風景が広がる☆
とうとう、桂茶屋までやって来た。

その先は、完全に道路を封鎖しているので進めない。
目的地まで、あと3分なのに・・

警告版があるところまで戻り、じっくり読んで、四季彩ロードという迂回路を通るしかないと分かった。

途中10ヶ所以上で片側通行にして工事をしていた。
熊本地震のせいか、昨年の大雨のせいか分からないけど、これほどあちこちで道路工事をしたら財源が大変だろう・・

工事用標識に中国語と韓国語も使われている。
さすが、観光客が多い土地柄だ!

目的地をいったん九重町役場にし、1時間近くかけて、渓流の味たなべに到着!
もう、ほとんど意地だ。

店の前に数台の車が停まっていたので、ホッとした♡
少なくとも営業しているに違いない。

店内に入ると、「いらっしゃい!」と男性スタッフが声をかけてくれた。
「こんにちは」とあいさつすると、支払いをしていた客も「こんにちは!」と言ったので、私がビックリ!

緑の美しい渓流沿いに大きな窓が広がる店内は、テーブルごとにビニールシートを吊るしている。
食べたいものは決まっているけど、蕎麦も美味しそう♪

店に来るまで、どんなに大変だったかを話すと、通行止めの理由を教えてくれた。
ここは、九酔渓(きゅうすいけい)と呼ばれる景勝地だけど、しょっちゅう土砂崩れが起きるという。

今回も突然、道路が陥没して、日に日にひどくなり、一気に崩れてしまったそうだ。
桂茶屋とたなべの間、1.4kmが不通状態。

たなべのすぐ先から桂茶屋までが、全面通行止め!

それでも、私だけじゃなく、この店をめざして客が来るくらい人気があるということだろう☆
ヤマメ料理の店は、たくさんあるけど、唐揚げを食べられる店は少ない。
スタッフと話し合って、姿揚げセットにした。

ヤマメの唐揚げ、ヤマメの炊き込みご飯、小さなうどん又は蕎麦が付く。
絶対に多過ぎるけど・・

姿揚げは、上手に揚げているので、頭から食べても骨が当たらない。
サクッとした歯ごたえで、身の香りが独特☆
川魚を好まない私だけど、ヤマメの唐揚げだけは好き♡

炊き込みご飯も、美味しかった!
お腹いっぱいだけど、残すのがもったいないからがんばって完食。

天かすや練り物がのった蕎麦も出汁が美味しい♪
もともと養殖をしていた店主が、料理を提供するために店を作ったそうだ。

「別府に泊まっているけど、帰りも迂回路を使うしかないの?」と訊いてみたら、近道を教えてくれた。
わざわざでも、また食べに行きたい♪

道路が開通するまで、ルート検索に注意が必要!

店内から見える美しい渓谷☆

店舗情報
名前 渓流の味たなべ
住所 大分県玖珠郡九重町町田3684

渓流の味たなべへのルート