ホルモン焼き 大好きな韓国料理

自他ともに認めるB級グルメ派であるウチの家族は、昔からジンギスカンやホルモン焼きを食べていた。

もっとも私は、ホルモン焼きが大嫌いだった!
なぜなら、噛んでも噛んでも噛み切れず、ゴックンするしかなかったからだ・・

大人になると、博多のもつ鍋が大人気になったが、私は頑として食べなかった。
そんな私が、「だまされたと思って食べてみて!絶対に美味しいから!」と言う妹の言葉に負けて、釜山で食べた。
チャガルチ市場の近くにあるホルモン焼き専門店だ。

妹が食べた店はペッカヤンコプチャンという名店で、大きな建物の中に小さな店舗がたくさん入っているジモティに人気の場所☆

開け放たれた窓からホルモンを焼く煙がモクモク出ている!
妹は在日韓国人の知り合いに連れて行ってもらったそうだが、さすがの私でも入るには敷居が高過ぎた・・

その近くにあるトンウンヤンコプチャンというこぢんまりした店へ向かう。
韓国人男女のグループが盛り上がっている♪

恐る恐るドラム缶のようなテーブルの座席に座り、注文。
ヤンコプチャンのヤンは、日本ではミノと呼ばれる部位!

コプチャンは、福岡ではマルチョウと呼ぶけど、他の地域も同じかどうか知らない。
豚の腸を北九州ではダルムと呼ぶが、これも福岡の一部だけらしいから・・

何をどれくらい注文したらいいのか分からず悩んでいたら、韓国人グループが自分たちが食べているものを指して、「これがヤン!こっちがコプチャンだよ」と教えてくれる。
見た目も日本で食べていたものと違うので、困ってしまった・・

母が「ミノだけがいい!」と言うので、片言でお願いする。
キレイな女店主は、慣れた手つきで冷蔵庫から出したホルモンを和えている。

注文程度の韓国語は話せても、日常会話ができない私と母は、水キムチなどのおかずを食べながら、おとなしく待つ。

店主は、つきっきりで焦げないように焼いてくれる♪
少しでも焦げると、器用にハサミで切り落とした。

日本では噛んでも噛んでも噛み切れないのに、ミノは美しい薄桃色でサクサクした歯ごたえ!
適度な弾力があり、少し甘めのタレで食べると本当に美味しい☆

以前から不思議でならないが、韓国の玉ねぎは生で食べても胸焼けせず食べられる♪
チョレギサラダも美味しいので、お替りしてもらった。

途中でやって来た女性スタッフは、長く日本に住んでいたそうで、いろいろな話をしてくれた。

母が韓国料理が大好きなこと、韓国へ来ると元気になってくれるのがうれしいから連れて来ると話すと、食後に柿をむいて出してくれた。
甘くて美味しい柿だった☆

「柿は、お酒を飲んだ後の解毒作用もあるから、たくさん食べてね」と言ってくれる。
2人前のヤンでお腹いっぱいだったのに、食べてしまった!
店を出るまでずっと笑顔で送ってくれた優しくて美人の店主がやっている店だ☆

店舗情報
店名 동운양곱창
住所 부산광역시 중구 남포동6가 3번지 신천지백하점 233호

トンウンヤンコプチャンへのルート