楊林近代歴史文化村で気になったもの

初めての全羅南道の旅4日目。
午前中は、鉄道で務安の1つ先にある夢灘(モンタン)駅まで行って、MARIKOさんと回山白蓮池(フェサンペクリョンジ)を見学。
午後は、光州広域市へ移動して街歩き♪

◆今日の訪問先◆
回山白蓮池(フェサンペクリョンジ)
務安干潟ナクチ通り 第一食堂
全羅南未知バス交通について

楊林近代歴史文化村
光州広域市で最初に西洋式近代建造物が造られた地域。
伝統家屋である韓屋との調和や、住民と芸術家のコラボによるアート村を体験できる。

予定より移動が遅くなり、光州広域市に到着したのが15時頃だったので、タクシーで楊林洞へ向かった。
楊林洞はエリア名なので、どこで降りるかが問題だ。

そこで観光案内所を目的地にしたが、なぜか見つからない・・
タクシードライバーは、ナビを見ても分からないから怒っている!
怒り出す運転手には、慣れているのでびくともしないけどね♪(笑)

警察で訊こうと思って、派出所の近くで降りた。
この頃は、まだ地図検索がヘタだった・・

小さな人が乗った門に楊林歴史文化村という文字が見えた!
派出所へ入る前に確認できて、良かった☆

あまりの暑さで、街歩きをする元気もない・・
まずは水分補給のために、門の向こうに見えるカフェへ避難することにする。

カフェの前にある小さな公園で、変わった花を見つけた!
ひとつの株に白い花、赤い花、一部分が赤い花、一部分が白い花などたくさんのパターンがある!
不思議だ・・

HIFIVE GARDENの店内は、緑がいっぱい。
ゆったりした空間だから、落ち着いて話ができる☆

右はMARIKOさんが注文したアイスアメリカノ(日本のアイスコーヒー)、左は私のレモンエイド☆
日頃はコーヒーをよく飲むけど、暑いとサッパリしたものが飲みたくなる!

グラスに入れてくれたら、もっといい写真になるのに・・
この頃が、テイクアウェイ容器の全盛期だったかもしれない。

今日じゅうに楊林洞を見て回ることは不可能なので、開き直ってゆっくり休憩することにする。
時には、あきらめることも必要!

道端にあった楊林洞観光案内のイラストが可愛い♪
HIFIVE GARDENから少し奥へ歩いた左側の駐車場奥に、観光案内所がある。

楊林洞の一部しか見られなかったけど、次回はゆっくり見て回りたい!と思うくらい気に入った☆
街歩きで気になったものを紹介しようと思う。

韓国では近年、ものすごい勢いで日本料理店が増えている!
古い家をリノベーションした寿司屋を見つけた。
寿司足るって・・いったいどういう意味で付けたのか?

違う方向から写すと、なかなか雰囲気の良い店だ☆
門の傍に花を飾ってあったから、きっと開店したばかりなんだろう。

アートなハングル☆
楊林洞にはオシャレなカフェがたくさんある♪
ここは、赤をアクセントに使ったステキな店だ。

ハングル文字をよく知らない人は「記号みたいだ!」と言う。
まさにバラバラにして楊林148という名前にしている。
양림(楊林)というハングル文字をバラして横に並べたデザイン!

楊林洞の派出所も可愛い絵で飾られている♪
最寄り駅のアジア文化殿堂へ行く道がよく分からないので、派出所へ寄って訊いた。

警察官が外まで出て来て、一生懸命説明してくれる。
MARIKOさんが韓国語を上手に話せるので、警察官は韓国語で説明していた。

途中、どこからかおじさんが割り込んできて「何、言ってんだ。派出所からまっすぐ行って、薬局のあるところを入って行けば近いだろ!」と言う。
何故か、おじさんが話すことが私にも分かった!

もうひとりの警察官が「彼は遠回りでも、分かりやすい道を説明したんですよ。あなたがおっしゃる道は、分かりにくいから・・」と仲裁しているのが、おもしろかった!

こういう時でも、自分より年上の人に対しては、警察官のもの言いが丁寧なのが韓国☆
皆さんにお礼を言って、出発♪

わんこの形をした注意書きが可愛い!

犬を飼うルール
・フンはちゃんと飼い主が始末しましょう。
・きちんとリードを付けて散歩させましょう。

おじさんが教えてくれたルートは、それほどむずかしい道ではなかった。
私たちは、近道ができて助かった♡

観光情報
名前 양림마을이야기관 관광안내소(楊林 近代歴史文化村観光案内所)
住所 광주광역시 남구 양림동 서서평길7

※グーグルマップで楊林近代歴史文化村を検索すると、看板の場所が出てくる。
分かりにくいけど観光案内所で検索しよう!

楊林近代歴史文化村観光案内所へのルート