ベルベットギャラリー

初めて大邱(テグ)へ行く前に、どんなおもしろいところがあるのか調べた。
そして興味を持ったのが、ベルベットギャラリーだ!

ブランド品には関心がないけど、服飾デザインには興味がある♪
経営している会社が大好きな韓国時代劇ドラマの衣装を手掛けたと知って、ぜひ見てみたいと思った。

母を誘ったけど、疲れたのでホテルでゆっくりしたいと言う。
タクシーに乗るほどの距離でもなさそうなので、泊まっていたノボテルアンバサダー大邱から歩いて行った。
1kmくらいだ・・

ネットで見た外観をチェックして、恐る恐るドアを開けると、女性スタッフが寄って来た。
私が韓国語を話せないと分かると、簡単な英語を交えて案内してくれる。

1階は、小物やバッグなどを展示。
半分くらいはカフェのようだ。

エレベーターに案内されて、上階へ向かう。
何とエレベーターの中もベルベットで装飾してある☆

2階は、ベッドカバーやクッション、女性用衣類などと、韓国ドラマコーナーがある。

当時は、まだあまり韓国ドラマを見ていなかったので、知っているのはトンイだけだった・・

でも見た瞬間、トンイの部屋のセットと同じものだと分かって驚いた!
ベルベットは光の反射が良いので、テレビで用いられるそうだ。

ベルベットでできた韓服や王さまの帽子などを見て感動していると、スタッフが着てみますか?と言う。

他には誰もいないのでバッグを置いて、王妃さまの衣装を着せてもらった。
本当は王さまの衣装が着てみたかった♡

何枚も写真を撮ってもらい、1階に戻ると、女性が2人でコーヒーを飲んでいた。
タダで案内してもらったのでコーヒーくらい注文した方がいいかな・・と思っていたら、女性から話しかけられた。

私が韓国語を話せないと分かると、もう1人が英語で話してくれた。
「どうでしたか?」と訊かれたので、「とてもすばらしいですね!ベルベットは大好きな素材です」と答えると、スタッフに何か言う。

また案内されて、地下で会社のプロモーションビデオを見せてもらった。
ベルベットの色見本は、こんなに色があるのか!と思うくらい種類が多い☆

すみずみまで親切に案内してもらい、すっかり恐縮して「ありがとうございました!おかげで楽しい時間を過ごせました」とお礼を言った。
最初に話しかけて来た女性が、「あら、いっしょにコーヒーを飲みましょう!」と誘ってくれる♪

コーヒーに伝統菓子のユガも付けてくれた。

全て、もう1人の英語が堪能な人が通訳する。
驚いたことに、親切な女性は社長だった!
英語が堪能な人は、たまたま社長に会いに来た人らしい。


左側がヨンドベルベットの社長、せな、社長の知人

本当は私より母の方がベルベットが好きだけど、足が悪くてホテルで待っていると話すと、「タクシーで迎えに行けばいいですよ!」とすぐ手配しようとしてくれる。

どうして、そんなに親切にしてくれるのか分からなかったけど、必ず母を連れて来ます!と約束して別れた。

 

翌年、母を連れて行った時は、母も王妃さまの衣装を着せてもらい、うれしそうだった♡
社長には会えなかったけど、妹への土産にクラッチにもショルダーバッグにもなるバッグ、母へのスカーフや帽子を買った。

母は実用的なものを選ぼうとしたが、真っ白の帽子が良く似合っていたので、スタッフと2人で白い帽子を勧める♪

白は汚れやすいと言って、大切に保管したまま母は亡くなった。
お気に入りのワンピースといっしょにお棺に入れた・・

友だちといっしょに大邱へ行った時にも、ベルベットギャラリーへ案内した。
この時は、念願の王さまの衣装を着せてもらったけど、スタッフが1人で2人を世話してくれたので、ブーツやベルトを忘れていた!

少なくとも王妃さまの衣装より似合っている☆
自画自賛!(笑)

観光情報
名前 영도다움 벨벳갤러리(ヨンドダウム ベルベットギャラリー)
住所 대구광역시 중구 삼덕동2가 149-87

영도다움 벨벳갤러리へのルート